旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

自宅で売れる営業になる!株式会社営業ハックが【リモートセールスマニュアル】全122ページを無料公開しました。

2020年05月26日16時00分 / 提供:DreamNews

■ 営業コンサルティング・代行、および営業特化型の人材支援を行う株式会社営業ハック(本社:東京都港区、代表取締役:笹田裕嗣)は、リモートセールスを不安なくスムーズに導入するために、【リモートセールス...

■ 営業コンサルティング・代行、および営業特化型の人材支援を行う株式会社営業ハック(本社:東京都港区、代表取締役:笹田裕嗣)は、リモートセールスを不安なくスムーズに導入するために、【リモートセールスマニュアル】を5月26日に無料公開しました。先に公開した【オンライン商談チェックリスト】と合わせてご活用ください。

■ 実施内容
弊社代表の笹田が5年を超える自身の経験を元に、リモートセールスを成功させるために【リモートセールスマニュアル】全122ページを2020年4月7日にTwitterで先行発表し、5月10日より下記URLにて無料公開いたしました。現在(2020年5月18日時点)239人の方に無料プレゼントを行っております。是非、社内での研修活用、二次利用等自由にご活用ください。
URL  https://form.run/@hiroshi-sasada--9214

■取り組みに至った背景
「リモートで営業できる人」「リモートで営業を頑張っている人」「リモートで営業をやろうとしている人」を全力で応援したい!営業から世の中を元気にしたい!

実際コロナの影響を受け営業している方々から現状を聞き、さまざまなご相談を受ける中でこれら思いを強くしています。「営業オンライン化」の悩みを解決してきた弊社だからこそ、再現性の高い、成約率、営業効率の高いアプローチをお伝えすることができます。

会わずにリモートでも売れる営業はこれからの当たり前になります。

リモートで営業することで、営業改善のスピードUP、売り上げ・業績向上をはかる事が出来ます。
オンライン商談を成功させるための一つのコツは「対面・オフライン商談のオンライン化からの脱却」にあります。つまり、オフラインで行ってきた成功手法・商談の進め方をオンラインでそのまま持ち込むことはNGということです。オンライン商談にはオンラインならではの制約や前提条件の違いがあります。この前提を踏まえた上でアプローチやコミュニケーションを設計する事がとても重要です。

「対面なしで成約できる営業になる」ために、具体的には下記の項目を理解した上で、自社およびクライアントに合わせた商談の設計・コミュニケーションが必要となります。

・リモートセールス商談の前提
・商談前のヒアリング
・リモートにおける提案・商品説明
・営業ターゲットの考え方 

実際にご活用いただいた方からは下記感想をいただいております。

●人材業界営業男性
「かなり充実されています。現在総ページ122P。まだ内容を全部読めていませんがリモートの時もそうじゃない時もかなり活用できる内容でした!」

●不動産営業管理職
「自社ではまだ営業のオンライン化はできないと思っていましたが、1つ1つ丁寧に進めればオンライン商談に応じてくれる顧客も増えると感じました。」

リモートセールスに本格的に取り組む際、先に公開した【オンライン商談チェックリスト】と合わせて是非ご活用ください。

■営業ハックについて
株式会社営業ハックは「営業の悩みを0にする」というミッションのもと、代表の笹田の体験・経験から営業コンサルティングや代行、採用支援などを行う営業トータルサポート会社。

笹田は20歳の頃から営業のキャリアをスタート。人生最初の営業はダスキンの法人向け飛び込み営業。その後、新卒で大手人材会社に入社し、入社半年で営業成績トップに。社会人3年目の時には社内ベンチャーの立ち上げを行うも大失敗に終わる。そこから会社の都合ではなく、顧客目線でのサービスづくりを行いたいと思い、メガベンチャーに転職した後、営業フリーランスとして独立。独立後は営業代行事業・コンサルティング事業で、営業支援を100社以上実施する。さらに営業コミュニティの運営も行い、これまで累計1000人を超える営業職の支援を行う。現在配信中のメルマガ・LINEの読者は10,000人を超え、多数の相談をもらっている。

配信元企業:株式会社営業ハック
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る