旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

130カ国・地域で1,000万人が利用  Tencent社のビデオ会議ツール「VooV Meeting」無償提供  新型コロナウイルスの影響の甚大さから 企業・個人の交流を支援

2020年04月15日14時00分 / 提供:DreamNews

ITソリューション事業等を行う株式会社イー・ビジネス(本社:東京都港区、代表取締役社長:花 東江(カ トウコウ))は、中国大手テクノロジー企業Tencent(本社:中国・深圳、CEO:馬化騰)が提供するビデオ会...

ITソリューション事業等を行う株式会社イー・ビジネス(本社:東京都港区、代表取締役社長:花 東江(カ トウコウ))は、中国大手テクノロジー企業Tencent(本社:中国・深圳、CEO:馬化騰)が提供するビデオ会議ツール「VooV Meeting(ブーブミーティング)」の日本での販売を、4月14日より無償で行います。
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により様々な活動が自粛され、停滞していますが、企業・団体や官公庁、教育機関や個人に対してビデオ会議ツールを無償で提供・運用支援することで、社会的・経済的・文化的な交流を支援します。

※当社は、2019年4月にWeChatを運営する中国大手IT企業・Tencet社の戦略パートナーとなり、日本のインバウンド分野等で協業する業務提携を結びました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000213459&id=bodyimage1

「VooV Meeting」は、Tencet社の音声・ビデオコミュニケーション分野での開発と経験を駆使したビデオ会議ツールです。「Tencent Meeting」として2019年12月末より中国でサービス提供を開始し、2020年3月から「VooV Meeting」としてグローバルに提供を開始しました。スムーズで安定性のある高精細度クオリティから、提供開始2カ月で毎日のアクティブユーザ数は1,000万人を超え、130カ国・地域で利用されています。Tencent社は、コロナウイルスの感染拡大から、3月26日より「VooV Meeting」の無料提供を開始しました。

「VooV Meeting」の特徴は、まず最大300人が参加して会議を行うことができる点にあります。ユーザは、スマートフォン・パソコンなどの端末に「VooV Meeting」のプリケーションをダウンロードすれば、いつでも・どこでもすぐに会議に出席することができます。シンプルな操作画面で誰にとっても使いやすく、会議の主催者は会議を一括で管理できます。また、「ビューティーモード」でビデオ画面上の顔を“美顔”にしたり、参加者の背景をぼやかすことも可能です。さらに、「視聴」機能を利用すれば、視聴者数に限りなく、会議の様子をライブ配信できます。

当社は、この「VooV Meeting」の導入・管理・運用の技術サポートを無償で行います。個別のサポートについても柔軟に対応し、業務に付随する機能の拡張や、ローカル環境での利用なども、相談・対応します。

【VooV Meeting 機能一覧】
・参加者同士の画面共有
・ドキュメントやファイルの共有
・会議ホストによる出席者への音声権限の付与とモデレート
・オーディオノイズリダクション
・スマートボリューム
・AI認証によるビューティーモード、背景のぼかし
・会議に参加しない視聴のみの配信(視聴人数の制限なし)
・参加者リストの管理(参加者、参加時間、退出時間、会議の総時間等)

「VooV Meeting」の詳細は、以下のウェブページをご覧ください。
https://e-business.co.jp/case-04TCS-voovmeeting.html

「VooV Meeting」の導入申し込みは、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
tencent-support@e-business.co.jp

株式会社イー・ビジネス 会社概要】
社名 :株式会社イー・ビジネス
代表 :花 東江(カ トウコウ)
本社 :東京都港区芝2-28-8 芝2丁目ビル10階
ホームページ:https://e-business.co.jp/
TEL :03-6809-3235
設立 :2007年6月
資本金 :88,000,000円
従業員数 :236名
事業内容 :システム開発事業、ITソリューション事業、インバウンドソリューション事業

配信元企業:株式会社イー・ビジネス
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る