旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【酸素濃縮器】特許総合力ランキング、トップ3は帝人、PHILIPS、日本特殊陶業

2020年04月07日11時00分 / 提供:DreamNews

株式会社パテント・リザルトは2020年4月7日、日本の特許庁で公開された「酸素濃縮器関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しまし...

株式会社パテント・リザルトは2020年4月7日、日本の特許庁で公開された「酸素濃縮器関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

空気から高濃度の酸素を生成する酸素濃縮器は、慢性呼吸不全や慢性心不全に対する在宅酸素療法などに活用されています。今回の調査では、日本の特許庁で公開されている酸素濃縮器関連技術全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

その結果、「総合力ランキング」では、1位 帝人帝人ファーマ含む)、2位 ROYAL PHILIPS、3位 日本特殊陶業となりました。

総合力1位の帝人は、「持ち運びが容易な携帯用の酸素濃縮システム」や、「コンプレッサの長寿命化と吸気騒音の低減を両立する酸素濃縮システム」などが、注目度の高い特許として挙げられます。

総合力2位のROYAL PHILIPSの注目度の高い特許には、「高純度の酸素の生成するための酸素濃縮システム」や、「エネルギー効率に優れた酸素分離機」などが挙げられます。

総合力3位の日本特殊陶業の注目度の高い特許には、「簡易な装置構成かつ低コストで必要な表示を行うことができる酸素濃縮器を」や、「吸着剤の寿命を向上できる酸素濃縮器」などが挙げられます。

そのほか、4位の医器研は、「異常な高温環境にさらされた場合に、確実に検知して酸素の供給を停止する安全性に優れた酸素濃縮器」などが、5位のフクダ電子は「持ち運び可能で、振動の少ない酸素濃縮器」などが、注目度の高い特許として挙げられます。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポートの「酸素濃縮器関連技術」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2020/04/oxygen.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212917&id=bodyimage1

配信元企業:株式会社パテント・リザルト
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る