旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

手間いらず、複数施設の一括管理ができる新バージョン『手間いらずmini』を提供開始

2020年03月31日13時00分 / 提供:DreamNews

複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる『TEMAIRAZU』シリーズを開発・提供する手間いらず株式会社は、『TEMAIRAZU』シリーズの新バージョン『手間いらずmini』を、2020年3月31日から提供開始いたします...

複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる『TEMAIRAZU』シリーズを開発・提供する手間いらず株式会社は、『TEMAIRAZU』シリーズの新バージョン『手間いらずmini』を、2020年3月31日から提供開始いたします。

『手間いらずmini』は、小規模宿泊施設や民泊施設を複数運営している事業者向けの宿泊予約サイトコントローラーです。『手間いらずmini』の特徴は、各施設の管理画面とは別に運営本部用の管理画面があり、複数施設の客室在庫やプラン料金の設定を、運営本部用の管理画面一つでまとめて管理できることです。各施設の管理画面を開いて操作する必要がないため、効率のよい管理・運営が可能となります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212631&id=bodyimage1

また、運営本部用の管理画面では、複数ある施設の中のいくつかの施設をグループ化し、そのグループに特定のユーザーをアサインすることもできる為、複数の管理担当者がそれぞれ担当施設を持っている場合にも便利です。『手間いらずmini』は、シンプルな機能とデザインで操作性も良く、パソコンはもちろんタブレットやスマートフォンでも使いやすい設計となっています。

『手間いらずmini』を利用することで、複数の宿泊予約サイトの一元管理ができると同時に、複数施設の一元管理が可能となることで、煩雑になりがちな複数施設の管理業務が効率化され、より最適な施設運営が可能になります。

■ 『TEMAIRAZU』シリーズシステム概要
『TEMAIRAZU』シリーズは、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたASPシステムです。宿泊施設は、『TEMAIRAZU』シリーズを利用することで、一括で在庫と料金のコントロールができ、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現できます。

<対応可能予約サイト及び自社予約システム>
▼ 国内宿泊予約サイト
楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベル、一休.com、マイナビトラベル、JALパック、ANA、Relux等
▼ 海外宿泊予約サイト及びホールセラー、その他
Booking.com、agoda、Expedia、Ctrip、Hostelworld、自在客、AsiaYo、TripAdvisor、hotelbeds、Airbnb、DOTW、DidaTravel、Tujia、Shiji Distribution Solution 等
▼ 自社ホームページ用宿泊予約システム
ダイレクトイン、予約プロ、予約番、OPTIMA、d-edge、iHotelier、SynXis CR等

【手間いらず株式会社の概要】
(1)商号     手間いらず株式会社東証第一部 : 2477)
(2)事業内容   宿泊施設向け予約管理サービスの提供
          情報の比較及び集約サービスの提供
(3)本社所在地  東京都渋谷区恵比寿1-21-3 恵比寿NRビル7F
(4)代表者名   代表取締役 渡邉 哲男
(5)資本金    713百万円
(6)主なサービス 予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズ
          (https://www.temairazu.com/
          比較サイト『比較.com』(https://www.hikaku.com/

【本件に関するお問い合わせ】
手間いらず株式会社 経営企画室
TEL:03-5447-6690  FAX:03-5447-0595
e-mail:pr@temairazu.com

配信元企業:手間いらず株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る