旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

物資支援サービス「ふくごはんPROJECT」を提供開始

2020年04月02日10時30分 / 提供:DreamNews

3社共同企画、物資支援サービス「ふくごはんPROJECT」を有限会社イシハラサクセス(所在地:兵庫県高砂市荒井町、代表取締役:金澤高夫)、パシフィックアンドオリエントジャパン株式会社(所在地:兵庫県明石市...

3社共同企画、物資支援サービス「ふくごはんPROJECT」を有限会社イシハラサクセス(所在地:兵庫県高砂市荒井町、代表取締役:金澤高夫)、パシフィックアンドオリエントジャパン株式会社(所在地:兵庫県明石市和坂)、株式会社リディアン(所在地:兵庫県明石市和坂)は、2020年04月2日(木)より提供開始したことを発表いたします。

■物資支援サービス「ふくごはんPROJECT」

https://store.lydianltd.co.jp/?pid=144656635

【背景】
日本国内での衣類のリユース率(再利用率)は約20%以下と海外と比べて低い水準であり、そのほとんどの衣類が焼却され、化石燃料を使用してCO2を排出しながら廃棄してされています。
「ふくごはんPROJECT」はこの現状を変えるべく立ち上げた商品制作委員会です。各家庭で眠っている古着・靴・鞄・ぬいぐるみ等を回収しリユースする流れをシステム化し、環境保全にもつながるこのサービスを「衣類を通してみんなが笑顔に!」という思いから商品開発をいたしました。

【製品・サービスの概要】
ふくごはんPROJECTは、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン ジャパンを通じて世界の子供たちに食料支援をはじめとした子供たちに対する支援をお届けする企画サービスです。インターネットやFAXで簡単にお申込みすることができ、3,300円(税込)で世界の子供たちへの支援を行うことができます。

<3つの特長>
1:インターネット、FAXで簡単に申し込める
お申込み時にお引取希望日をお選びいただき、届いた回収セットを待つだけなので誰でも簡単にお申込みいただけます。

2:仕分け不要で無駄なくリユースできる
不要な古着や靴などの資源を再利用し、さらに世界の子供たちの支援を行うことができます。

3:すぐに高い社会貢献、国際貢献活動に取り組める。
輸出された古着等は現地の雇用創出に貢献し、さらに公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて世界の子供たちに食料支援をはじめとした子供に対する様々な支援を行います。

【今後の展望】
このPROJECTを一人でも多くの方々に賛同していただき、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン様のネットワークを通じて一人でも多くの方々を支援していきたい考えです。

【お問い合わせ先】
代表企業イシハラサクセス
代表取締役 金澤高夫
所在地: 〒676-0014 兵庫県高砂市荒井町日之出町7-5
電話: 079-443-8118
フリーダイヤル:0120-729-580

【プレスリリース提供企業】
株式会社リディアン
兵庫県明石市和坂 12-2 山崎ビル 1F
078-915-8065

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211816&id=bodyimage1

配信元企業:株式会社リディアン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る