旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

住宅産業塾会員の「災害時の相互協力協定」を拡げていきます

2020年03月06日09時30分 / 提供:DreamNews

日菱企画株式会社・住宅産業塾(所在地:東京都港区 代表取締役 長井克之)では、工務店経営、業務改善指導、人材育成、良品質施工や安全、現場きれいの取り組みなどをおこなっていますが、毎年どこかで発生す...

日菱企画株式会社・住宅産業塾(所在地:東京都港区 代表取締役 長井克之)では、工務店経営、業務改善指導、人材育成、良品質施工や安全、現場きれいの取り組みなどをおこなっていますが、毎年どこかで発生する災害時に会員相互が協力して助け合う仕組みを導入し拡げていくことにしました。

台風や大雨、地震などにより、毎年どこかで災害が発生しています。このような災害に対し会社が被害にあったり、お施主様が被害にあうケースが発生しています。この時の災害復興では、外部からの支援が必要になります。

住宅産業塾の会員は全国に在籍しており、これまでも東日本大震災をはじめ熊本地震、鳥取地震、福知山の大洪水、台風による屋根被害など、災害が発生するたびに会員に協力を依頼し、支援を行ってまいりました。また義援金制度も設け、災害時の人材派遣時の交通・宿泊費などに充ててもらうなどの対応をしてきました。このような仕組みは住宅産業塾事務局を中心におこないますが、情報のやり取りや現地の状況などの把握に時間が掛かっているのが現状でした。そこで、災害時に直接状況をやり取りしスピーディーに対応していただこうと、近隣の会員同士で「災害時の相互協力に関する協定書」を交わし会員相互で助け合う仕組みを拡げていくことにしました。

その第1弾として住宅産業塾立会いのもと、中国・関西地域の5社(鳥取倉吉:寿ホームズ株式会社岡山:橋本興産株式会社京都福知山株式会社HORI建築、島根松江:円建創株式会社兵庫姫路株式会社丸尾建築)が協定を結び、1月24日の住宅産業塾「新春セミナー2020」時に発表しました。そして2月21日の住宅産業塾月例研究会において、その目的や詳細事項について改めて説明会をおこないました。今後このような仕組みを全国に拡げていき、災害にあった会員企業やそのお施主様への支援が素早くできるように取り組んでまいります。

住宅産業塾では工務店の経営にお役に立てていただくよう、様々な取り組みをおこなっております。今後の研究会情報やコンサルティング情報、そして新しい取り組みなどについては、住宅産業塾HPをご覧ください。
http://www.jyutakujuku.com/

【問い合わせ先】
日菱企画株式会社/住宅産業塾 事務局(担当:佐野
電話 03-3503-2868  FAX 03-3503-2869  Email:hbsg@jyutakujuku.co.jp

【会社概要】
■会社名 日菱企画株式会社 住宅産業塾
■代表者 代表取締役 長井 克之
■設 立 1977年
■資本金 1000万円
■所在地 東京都港区虎ノ門2-5-4 末広ビル4F
■URL  http://www.jyutakujuku.com

配信元企業:日菱企画株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る