旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

家畜の治療に使用される動物用医薬品の世界市場、2019年に18兆2,922億ドルに到達

2020年03月05日11時30分 / 提供:DreamNews

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物用医薬品の世界市場:機会と戦略 (2030年まで) - 医薬品の種類別 (駆虫剤、ワクチン、抗生物質など)・動物の種類別・投与経路別 (経口薬な...

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物用医薬品の世界市場:機会と戦略 (2030年まで) - 医薬品の種類別 (駆虫剤、ワクチン、抗生物質など)・動物の種類別・投与経路別 (経口薬など)・エンドユース別」 (The Business Research Company発行) の販売を3月5日より開始いたしました。

以下のチャートと表は、2015年から2019年、2023F、2025F、2030Fにおける世界の動物用医薬品市場とそのセグメントの前年比成長率を示しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211206&id=bodyimage1

家畜の治療に使用される動物用医薬品の世界市場は、8.7%の年間平均成長率(CAGR)で、2015年の13兆1,022億ドルから2019年の18兆2,922億ドルに成長しました。 市場は、複合年間成長率(CAGR)9.3%で2023年に870万ドルに成長すると予想されています。 市場は、18.5%の複合年間成長率(CAGR)で2025年に36,702.3百万ドル、11.3%の複合年間成長率で2030年に62,549.2百万ドルに成長すると予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc918124-veterinary-pharmaceuticals-global-market-report.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る