旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エンバーポイント「MailPublisher」がEメール大量配信システム市場12年連続シェアNo.1を獲得

2020年03月03日11時00分 / 提供:DreamNews

エンバーポイント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本勇人、以下エンバーポイント)は、株式会社ミック経済研究所(以下ミック経済研究所)が2020年2月10日に発刊した市場調査レポート「マーテ...

エンバーポイント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本勇人、以下エンバーポイント)は、株式会社ミック経済研究所(以下ミック経済研究所)が2020年2月10日に発刊した市場調査レポート「マーテック市場の現状と展望2020 クラウド型CRM市場編(第4版)」のEメール大量配信システム市場において、当社が開発・提供するMailPublisherが2019年度主要ベンダーシェアNo.1(占有率35.5%)を獲得したことを発表いたします。これにより、ミック経済研究所が発刊した市場調査レポートで通算12年連続Eメール配信システム市場No.1(※1)を獲得したことになります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210865&id=bodyimage1

MailPublisherは、1999年より提供を開始したメール配信システムです。長年の経験から得た知見をもとに自社開発することで、毎時4,100万通(※2)を可能にする『配信性能』、外部システムとの柔軟な連携を可能にする『拡張性』、ユーザーの要望を積極的に取り入れた『機能・操作性』を特長としています。実用的なメール配信プラットフォームとして、業種業界問わず多くのお客様に採用いただいております。

今後もエンバーポイントでは、MailPublisherの開発・提供を通じて、企業のマーケティング支援に努めるとともに、国内のメール配信市場を牽引してまいります。

※1 ミック経済研究所調査:CRM・BIパッケージソフトの市場展望2008~2010年度、CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望2011~2014年度、クラウドサービス(SaaS・ASP)市場の現状と展望2015年度、クラウド型CRM市場の現状と展望2016、2017年度版、クラウド型CRM市場の現状と展望2018年度版(2018年12月14日発刊)、マーテック市場の現状と展望2020 クラウド型CRM市場編(2020年2月10日発刊)
※2 2018年10月のMailPublisherシリーズ全体での配信実績より算出

【本件に関するお問い合わせ】
エンバーポイント株式会社 マーケティング部
電話番号: 03-6868-8793(部門直通)Eメール: pr@emberpoint.com(広報窓口)

【会社概要】
会社名: エンバーポイント株式会社(英文名: EmberPoint Co., Ltd.)
本 社: 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント
代 表: 橋本 勇人
資本金: 4億1508万円
設 立: 1999年12月
URL: https://emberpoint.com/
事業概要: メール配信プラットフォーム『MailPublisher』の開発・提供、およびコンサルティング・コンテンツ制作、運用代行サービスなどの提供を通じて、企業のマーケティング支援事業を展開。
詳細については、https://emberpoint.com/company.html をご覧ください。

「エンバーポイント」とそのロゴ、記載されている製品・サービス名などは、エンバーポイントの商標・登録商標です。無断複写・転載を禁じます。

配信元企業:エンバーポイント株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る