旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

BRANU株式会社が日本初の「クラウドファクタリング」を提供するOLTA株式会社と業務提携契約を締結

2020年02月19日10時00分 / 提供:DreamNews

建設業の経営資源シェアリングプラットフォーム「CAREECON」を運営するBRANU株式会社(本社:東京都港区 / 代表取締役CEO :名富達哉 / 以下ブラニュー)は、日本初の「クラウドファクタリング」を提供するOLTA株...

建設業の経営資源シェアリングプラットフォーム「CAREECON」を運営するBRANU株式会社(本社:東京都港区 / 代表取締役CEO :名富達哉 / 以下ブラニュー)は、日本初の「クラウドファクタリング」を提供するOLTA株式会社(本社:東京都港区 / 代表取締役CEO:澤岻優紀 / 以下OLTA)と、2020年2月19日に業務提携契約を締結しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210350&id=bodyimage1

■業務提携の背景について
当社は建設業界のデジタルトランスフォーメーションをビジョンに掲げ、建設中小・小規模事業者の業務プロセスにおける生産性の向上や、経営資源のシェアリングプラットフォームを通じて持続可能な経営の確立を目指す「CAREECON 建設 DX プラットフォーム」を推進してきました。

建設業界は支払いサイトが長い一方、人件費や材料費などの支出が先行するため、経営資源が限られる中小・小規模事業者にとっては資金繰りが大きな課題です。

そこで当社は、支払いサイトの短縮化を図り、円滑な資金繰りをサポートするため、手軽で素早く運転資金を調達できる「クラウドファクタリング」サービスを提供するOLTAと業務提携を締結する運びとなりました。

■今後の取り組み
建設業の経営資源シェアリングプラットフォーム「CAREECON」上で「クラウドファクタリング」を提供する「CAREECON 請求書買取」を2020年2月26日より開始する予定です。

すべてのやりとりがオンライン上で完結するため、普段の業務を圧迫することなく手続きが完了するほか、最短で翌日には運転資金の調達ができるといったメリットを活かし、建設業の資金繰りをサポートいたします。

今後も、ブラニューは建設中小・小規模事業者の経営課題をテクノロジーで解決し、業界全体のデジタルトランスフォーメーションに貢献して参ります。

■OLTA株式会社について
MUFG Digitalアクセラレータ第2期に採択され、約20万社のデータに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリ
ング」を提供。サービス提供開始後、約2年で申し込み総額は150億円を突破しております。
「あらゆる情報を信用に変えあたらしい価値を創出する」というミッションを掲げ、クラウドファクタリングの普及に向けて、全国の金融機関やSaaS企業などと幅広く連携していく予定です。

社名:OLTA株式会社
本社所在地:東京都港区南青山1丁目15-41 QCcube南青山115ビル 3F
設立:2017年4月14日
代表者:代表取締役CEO 澤岻 優紀
資本金:25億4,361万円(資本準備金含む)
事業内容 :クラウドファクタリング事業、与信モデルの企画・開発・提供
URL :https://www.olta.co.jp/ (サービスサイト)
https://corp.olta.co.jp/ (コーポレートサイト)

■BRANU株式会社について
BRANU株式会社は、建設業界のシェアリングプラットフォーム「CAREECON」やデジタルマーケティングアシスタント「eat」を通じ、建設業界のデジタルトランスフォーメーションに取り組む建設テックカンパニーです。

社名:BRANU株式会社
本社所在地:東京都港区六本木6-1-24 ラピロス六本木4F
設立:2009年8月18日
代表者:代表取締役CEO 名富達哉
資本金 :7,103万円
事業内容:デジタルソリューション事業、デジタルトランスフォーメーション事業
URL:https://careecon.jp(サービスサイト)
https://branu.jp(コーポレートサイト)

配信元企業:BRANU株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る