旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「電車でビール」「会社でノンアル」を自由に飲みたい!見た目は「コーヒー」中身はビール。人目を気にせず、コソッとシメシメ「どこでもビール(どこビー)」が、クラウドファンディングMakuakeから新登場!

2020年03月06日13時00分 / 提供:DreamNews

ECBB株式会社では、2020年3月6日より、「電車でビール」「会社でノンアル」を自由に飲みたい!見た目は「コーヒー」中身はビール。人目を気にせず、コソッとシメシメ、お酒好きの方のマストアイテム「どこでもビ...

ECBB株式会社では、2020年3月6日より、「電車でビール」「会社でノンアル」を自由に飲みたい!見た目は「コーヒー」中身はビール。人目を気にせず、コソッとシメシメ、お酒好きの方のマストアイテム「どこでもビール(どこビー)」が、クラウドファンディングMakuakeにて販売開始しました(https://www.makuake.com/project/dokodemo-beer/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210289&id=bodyimage1

■ まるでコーヒーにしか見えない、缶ビールカバー「どこでもビール(どこビー)」

・会社帰り「電車でビール」飲みたい
・仕事の休憩中に「会社でノンアル」飲みたい

実際、そんな想いをもっている方が、多くいることが分かっており、ときより社会問題として、ニュース記事や、Twitter等のSNSで、多くの議論を巻き起こしてきました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210289&id=bodyimage2

結論として分かったのが、「電車でビール」「会社でノンアル」は、法律には触れていない。
この論争の根本は、「マナー」にあります。

「電車でビール」「会社でノンアル」を目撃したヒトが、不快に思ったり、ストレスを感じたりする。これが根本的な問題です。では、実際にはビールやノンアルを飲んでいるのに、周りの人達から見ると、「まるでコーヒー」を飲んでるようにしか見えないのであれば、お互いに与える影響を最小限にすることが出来、社会問題を解決させる事ができるのではないか?

そこで、生まれたのが、缶ビールカバー「どこでもビール(どこビー)」です。
どこビーは、四方八方、365度、どんな方向から見ても何を飲んでるのか、誰からも、まったくわからない構造になっています。

また、会社帰りにビール等の缶飲料を購入し、電車に持って乗るのは、気まずいと感じるため、ホームのゴミ箱に、まだ残ってる缶ビールを捨てて電車に乗る。という環境問題に良くない行動をされている方も多く存在しています。この「どこでもビール(どこビー)」があれば、フタをきちんと締めれる為、飲み残しの缶を捨てる必要がなく、バッグ等にいれて持ち運べるため、環境問題にも優しいのが特徴です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210289&id=bodyimage3

https://youtu.be/NMBlcAYck8k
現在、新型コロナウイルスが流行り、花粉の季節です。飲み口に菌や花粉が付着しないようにしたい。という気持ちを持っている方も多いはずです。そういった方へも「どこビー」をおすすめ致します。

この「どこでもビール(どこビー)」は、「電車でビール」「会社でノンアル」を飲みたい人と飲まない人で不快に思う方の橋渡し【大人のマナーモード】を推奨し、日本の社会問題、環境問題の解決をしていきます。

■クラウドファンディングMakuake
どこでもビール(どこビー)販売サイト
https://www.makuake.com/project/dokodemo-beer/

■ECBB公式ストア
どこでもビール(どこビー)販売サイト
https://makers.ecbb.jp/dokobeer/

■ ECBB株式会社 会社概要
1999年の創業以降、3,000サイト以上のホームページ制作、システム開発に携わり、ECサイト構築、プリント通販構築、CMS構築をはじめとした、「ECBBホールプロダクト2020」など、Webビジネスの成功に必要な全てのサービスを作り続けています。また、2008年にバングラデシュに小学校を設立。“ビジネスの手法で社会問題を解決する”という考えに基づくECBB visionを展開し、インターネットが持つ可能性に挑戦するプロジェクトを推進しています。2015年に始動したモノづくり事業部である「ECBB MAKERS. 」では、第1弾プロダクト「Palmo(パルモ)」でグッドデザイン賞を受賞。2016年には第2弾プロダクト「フォルダブル」を販売開始し、2018年には第3弾プロダクト「Two GO(トゥーゴー)」を販売開始しました。今後も世界に向けて”コモディティではない”製品の開発を続けます。

名称:ECBB株式会社
代表取締役社長:松浦 康裕
本社住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目12-2 AYビル 2階
TEL:03-5369-8677
FAX:03-5369-8678
E-MAIL:[info@makers.co.jp]
URL:
IT部門 [https://ecbb.co.jp/]
メイカーズ部門[https://makers.ecbb.jp/]
事業内容:
・ソリューション事業(Web制作/システム開発
・ウェブアプリケーション事業(ECサイト構築/CMS構築他)
・プロモーション/ウェブ集客事業
・メディアコンテンツ/レベニューシェア事業
・メイカーズ(モノづくり)事業[http://makers.ecbb.jp/]

【本件に関するお問い合わせ】
ECBB株式会社 メイカーズ事業部
どこビー(https://makers.ecbb.jp/dokobeer/
担当:飯田
TEL:03-5369-8677
E-Mail:info@makers.ecbb.jp

配信元企業:ECBB株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る