旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【清里高原 清泉寮】中南米7か国の青年がSDGs実現に向けた研修のため、山梨県北杜市を中心に「自然環境保全」の実際を学ぶ

2020年02月05日17時00分 / 提供:DreamNews

山梨県 清里高原の宿泊施設「清泉寮」を運営する公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市 理事長:淺田 豊久)では、独立行政法人国際協力機構横浜センター(以下、JICA横浜)の受託により、ジャマイカやセントル...

山梨県 清里高原の宿泊施設「清泉寮」を運営する公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市 理事長:淺田 豊久)では、独立行政法人国際協力機構横浜センター(以下、JICA横浜)の受託により、ジャマイカやセントルシアなど中南米の7か国より国家公務員やNGO代表などの青年リーダー13名を招き、SDGs(持続可能な開発目標)を実現するための日本における「自然環境保全」の政策と課題解決の手法を学ぶ研修を行います。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209642&id=bodyimage1

研修は2020年2月3日(月)より全行程16日間の日程で行われています。JICA横浜で日本の環境保全施策について講義を受けた後、2月5日(水)より2週間にわたり、山梨県沖縄県を訪れ、「自然環境保全」の取り組む現場を見学します。中南米地域の環境に近い「山梨県の森」と「沖縄の海」にて事例を交えて見学し、各国の見識を交換することで、帰国後に各国の課題や今後の取り組みに活用するねらいがあります。

公益財団法人キープ協会は、これまでに数多くの環境教育やエコツーリズムに係る各種研修を実施し、自然環境保全の活動を推し進めてきた実績があり、自然環境を生かした地域振興や人材育成のノウハウが蓄積しています。今回、山梨県内の研修ではキープ協会が指定管理を行う「山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター」を中心に、「アニマルパスウェイ」等の自然環境保全の施策を学ぶ他、北杜市立長坂小学校との交流事業等も予定されています。

【日程】
2020年2月3日(月) ~ 2月18日(水) 全行程16日間
横浜:2020年2月3日(月) ~ 2月4日(火)
山梨:2020年2月5日(水) ~ 2月10日(月)
・2月5日(水):山梨県庁山梨県の自然環境保全施策の事例
・2月6日(木):清泉寮~環境教育・アニマルパスウェイ等の事例
・2月7日(金):長坂小学校との交流、オオムラサキセンター等の北杜市の取り組み事例
・2月9日(日):清泉寮~地域資源と啓発活動、エコツーリズム等の取り組み事例
・2月10日(月):富士山科学研究所~山梨県の自然環境保全施策の事例、環境省生物多様性センター~日本の自然環境保全施策の事例
沖縄:2020年2月11日(火) ~ 2月14日(金)
横浜:2020年2月15日(土) ~ 2月18日(火)

【参加国】
アンティグア・バーブーダ、ベリーズ、ジャマイカ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント、スリナム 計7か国、13名

【本事業に関するお問い合わせ先】 
0551-48-2900 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター(9:00~16:00)

【公益財団法人キープ協会 清泉寮ついて】
http://www.seisenryo.jp/index.html
http://www.keep.or.jp/about/
「清泉寮」は、公益財団法人キープ協会によって運営されている総合観光・宿泊施設です。戦後日本の農村復興を目的とし、米国人ポール・ラッシュによって1956年に設立されました。現在は青少年教育、国際交流、地域協同を進展させ社会文化の向上と世界平和に寄与することを目的に、高冷地酪農、宿泊研修施設、料飲・観光施設、環境教育施設などを運営しています。

配信元企業:公益財団法人キープ協会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る