旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【新・高校3年生対象】四谷学院の「合格先駆け講座」が全国の校舎でスタート! 高3への進級直前2か月で総復習&徹底点検!

2020年02月04日13時00分 / 提供:DreamNews

独自の「ダブル教育」システムによる、きめ細かい指導が特長の四谷学院(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)は、2020年1月27日より「合格先駆け講座」を開講しまし...

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209550&id=bodyimage1

独自の「ダブル教育」システムによる、きめ細かい指導が特長の四谷学院(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)は、2020年1月27日より「合格先駆け講座」を開講しました。

▼四谷学院 合格先駆け講座
https://www.yotsuyagakuin.com/campaign_3tre_C/

教育(予備校・個別指導教室・通信講座)を手掛ける、ブレーンバンク株式会社(所在地:東京都新宿区四谷、代表取締役:植野治彦)は、2020年1月27日から合格先駆け講座を開講しました(先着順申込受付中。3月22日まで)。
この時期から新高3生を対象に総復習のための講座を開講する予備校は四谷学院のみ。春期講習に先駆けて受験勉強をスタートさせようという人やこれまで通っていた予備校で伸び悩んでいる人が受講を希望しています。

<合格先駆け講座 3つのポイント>
(1)現役合格者の約65%が、高2冬までに受験対策を始めている!
現役で大学に合格している受験生の約65%は、高校2年生の冬までに受験対策を始めています(四谷学院調べ)。
特に、部活や苦手科目などがあり、受験勉強へのシフトが遅れている場合には、高校3年生になる春休みの間に高2までの学習内容を総復習して弱点を徹底点検する必要があります。

(2)理解度にあったクラスで弱点の補強・強化
理解度に合わないクラスでは、自分の弱点が見えてこないため、補強・強化することができません。四谷学院の場合には、志望校にこだわらず、「基礎」「一般」「選抜」の3クラスを設定し、科目別能力別クラス分けを行います。短期間でコンパクトに総復習するための工夫です。

(3)「わかったつもり」を「本当のわかった」へ
自分が「何をわかっていないのか」をはっきりさせることが、学びにおいては非常に重要です。「わかったつもり」を本当に「わかった」状態に変えていくためには、大教室での大人数の授業形式ではなく、一人ひとりの顔を見ながら行う対話型の授業が効果的です。四谷学院が選ばれている理由の一つがこの対話型授業で、先生との距離が近く質問しやすいという声も多数寄せられています。

ブレーンバンク株式会社について】
本社:東京都新宿区四谷1-10
代表者:代表取締役 植野治彦
URL:https://www.yotsuyagakuin.com/
事業内容:教育(予備校・個別指導教室・通信講座)

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ブレーンバンク株式会社
TEL:0120-428255

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000209550&id=bodyimage2

配信元企業:ブレーンバンク株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る