旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Sophos XG Firewall、「ITreview Grid Award 2020 Winter」4部門で受賞

2020年01月30日14時00分 / 提供:DreamNews

2020年1月30日<<報道資料>>ソフォス株式会社Sophos XG Firewall、「ITreview Grid Award 2020 Winter」4部門で受賞クラウドセキュリティ部門で“Leader”、その他3部門で“High Performer”を受賞ネットワークお...

2020年1月30日
<<報道資料>>
ソフォス株式会社

Sophos XG Firewall、「ITreview Grid Award 2020 Winter」4部門で受賞

クラウドセキュリティ部門で“Leader”、その他3部門で“High Performer”を受賞

ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (LSE: SOPH 日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、Sophos XG Firewallがアイティクラウド株式会社主催の「ITreview Grid Award 2020 Winter」( https://www.itreview.jp/award/2020_winter.html )において高い認知度や顧客満足度が認められ、同アワード4部門(下記参照)で受賞したことを発表しました。「ITreview Grid Award」は、ITreviewで投稿されたレビューを基に四半期に一度ユーザーに支持された製品を表彰する場で、2019年12月までに掲載されたレビューの集計結果を2020 Winterとして発表しています。

Sophos XG Firewallの受賞内容は、以下の通りです。
・ 「CASB(クラウドセキュリティ)」カテゴリ:“Leader”
・「ファイアウォール」カテゴリ:“High Performer”
・「UTM」カテゴリ: “High Performer”
・「IPS・IDS」カテゴリ “High Performer”

「ITreview」には、Sophos XG Firewallについて以下のようなユーザーレビューが寄せられています。
「管理画面として使用するダッシュボードが分かりやすく、どこに問題があるかを把握しやすいです。必要となる項目や要点は押さえられているので、管理者の負担が少ない」(ITコンサルタント)
「ウイルススキャンやフィルタリングがとても優秀だと感じました。標準的なお勧めの設定があるので知識が少なくても効果を感じられた」(官公庁 総務・庶務)

また、「ITreview」ではソフォスのEDR製品であるSophos Intercept Xもレビューレートが4.5と競合他社と比べて最も高く(2020年1月30日時点)、顧客満足度が分かる四象限のITreview Grid EDR部門でも“Leader”ポジションに位置するなど、Sophos XG Firewall同様、高い評価を得ています。「ITreview」には、同製品について以下のようなユーザーコメントが寄せられています。

「従来型ウイルス対策ソフトでは、対応しきれない部分をカバーし、既存ソフトと競合しないという、管理のしやすさ。二重管理にはなるが、競合してトラブルになりにくい事は、運用上ありがたいです。原因追及できる機能も備えているため、それなりに時間をかければ対策および解決には、十分すぎる機能があります」 (印刷業 IT管理職)

「Sophosエンジンによるウイルス対策に加え、Deep LearningやEDR機能といった高度なセキュリティ環境を実現している所です。また、クラウド環境からエージェントを一元管理できる所も魅力の1つです」 (ソフトウェア・SI IT管理者)

●Sophos XG Firewallについて
Sophos XG Firewallは、次世代型ファイアウォールとして、業界最高レベルのセキュリティ、監視機能、使いやすさを兼ね備えた製品です。未知の脅威をブロックするだけでなく、ソフォスが提唱する「Synchronized Security」の根幹となるテクノロジーを提供する製品で、ソフォスのエンドポイントと連携することで、インシデントの検出、隔離、駆除、復旧を自動化させるほか、エンドポイントとの連携で実現するアプリケーションの可視化により、自社で開発されたカスタム・アプリケーションも正確に認識します。詳細は、https://www.sophos.com/ja-jp/products/next-gen-firewall.aspxをご覧ください。

●Sophos Intercept Xについて
Sophos Intercept Xは、ゼロデイ攻撃やエクスプロイトの未知の亜種、ステルス化された攻撃を防御し、未知のランサムウェアを前もって数秒以内に検出する高度なアンチランサムウェア機能を備えています。同製品は、脅威のパターンや攻撃のベクトル、犯罪者の動機付けなどの深い理解と連動したビッグデータ分析を行うことによって、ソフォスが基礎から設計し、開発しました。シグネチャなどの更新が不要で、キルチェーン内で悪意のある振る舞いを認識し、潜在的な攻撃を即座に阻止することができます。これによりエンドポイントプロテクションを強化して、悪意あるコードが実行される前に阻止できます。Sophos Intercept Xの詳細は、https://www.sophos.com/ja-jp/products/intercept-x.aspx をご覧ください。

●ソフォスについて
ソフォスは、次世代サイバーセキュリティの世界的リーダーとして、150か国以上のあらゆる規模の400,000社以上の企業を今日の最も高度なサイバー脅威から保護しています。 SophosLabsのグローバルな脅威インテリジェンスおよびデータサイエンスチームにより、ソフォスのクラウドネイティブでAIによって機能拡張されたソリューションは、ランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、データ流出、自動化されたアクティブな攻撃、フィッシングなど進化するサイバー犯罪技術からエンドポイント(ラップトップ、サーバー、モバイルデバイス)とネットワークを保護します。クラウドネイティブな管理プラットフォームであるSophos Centralは、Intercept XエンドポイントソリューションやXG次世代ファイアウォールなど、ソフォスの次世代製品ポートフォリオ全体を、APIのセットを介してアクセス可能な単一の同期セキュリティ(synchronized security)システムに統合します。ソフォスは、クラウド、機械学習、API、自動化、MTR(Managed Threat Response)などの高度な機能を活用して、あらゆる規模の企業にエンタープライズレベルの保護を提供し、次世代サイバーセキュリティへの移行を推進しています。ソフォスは、53,000社以上のパートナーおよびマネージドサービスプロバイダー(MSP)からなるグローバルチャネルを通じて製品を販売しています。ソフォスはまた、革新的な商用テクノロジーをSophos Home経由で消費者に提供しています。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあり、ロンドン証券取引所に上場しています(LSE: SOPH)。詳細については、www.sophos.com (日本語サイト:https://www.sophos.com/ja-jp.aspx )をご覧ください。

●報道関係のお問合せ先
ソフォス株式会社広報事務局
Tel: 03-6454-6930
Email: sophos@ambilogue.com

以上

配信元企業:ソフォス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る