旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「酸化亜鉛の世界市場:グレード別、用途別2024年予測」最新調査リリース

2019年12月19日13時00分 / 提供:DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「酸化亜鉛の世界市場:グレード別、用途別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】酸化亜鉛の世界市場規模は、2019年の44億ドルから2024年...

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「酸化亜鉛の世界市場:グレード別、用途別2024年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
酸化亜鉛の世界市場規模は、2019年の44億ドルから2024年段階の57億ドルへと漸増が予測されます。当レポートでは、2024年に至る酸化亜鉛の世界市場予測(市場規模US$、量ベースTon)、プロセス別市場(直接法、間接法、湿式法)、グレード別市場(標準グレード、処理グレード、米国薬局方、食品化学物質規格集、その他)、用途別市場(ゴム、セラミックス、化学品、農業、医薬品、化粧品/パーソナルケア、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
酸化亜鉛の世界市場:グレード別、用途別2024年予測
Zinc Oxide Market by Process (French Process, Wet Process, American Process), Grade (Standard, Treated, USP, FCC), Application (Rubber, Ceramics, Chemicals, Agriculture, Cosmetics & Personal Care, Pharmaceuticals), Region - Global Forecast to 2024
http://researchstation.jp/report/MAM/17/Zinc_Oxide_2024_MAM1781.html

【レポート構成概要】
◆酸化亜鉛の世界市場予測2017-2024年
・市場規模(US$)
・量ベース(Ton)

◆プロセス別、市場-2024年
・直接法(アメリカ法)
・間接法(フランス法)
・湿式化学プロセス
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆グレード別、市場-2024年
・標準グレード
・処理グレード
・米国薬局方(USP)
・食品化学物質規格集(FCC)
・その他
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆用途別、市場-2024年
・ゴム
・セラミックス
・化学品
・農業
・医薬品
・化粧品、パーソナルケア
・その他
※(市場規模US$) (量ベースTon)

◆主要国地域別市場-2024年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・フランス、英国、ロシア
・ドイツ、イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
中東アフリカ
・南アフリカ、イラン
・アラブ首長国連邦
・その他中東アフリカ
南米
・ブラジル、アルゼンチン
・その他南米
※地域別にグレード別、用途別の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別に用途別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・ファイブフォース分析

◆酸化亜鉛の主要企業プロフィール動向
・US ZINC
・ZOCHEM
・EVERZINC
・ZM SILESIA SA
・LANXESS
・AKROCHEM CORPORATION
・RUBAMIN
・PAN-CONTINENTAL CHEMICAL
・J.G. CHEMICALS
・UPPER INDIA
・SURAJ UDYOG

(その他企業)
・GLOBAL CHEMICAL COMPANY LTD.
・AMERICAN ZINC RECYCLING
・ARABIAN ZINC
・UTTAM INDUSTRIES
・L. BRÜGGE?MANN GMBH
・SILOX
・SEYANG
・NAHAR ZINC OXIDE
・WEIFANG LONGDA ZINC INDUSTRY
・NORZINCO

(全118頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000207431&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/17/Zinc_Oxide_2024_MAM1781.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2019年12月18日

★関連レポート
「化粧品顔料の世界市場:用途別、顔料タイプ別2024年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/16/Cosmetic_Pigments_2024_MAM1655.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る