旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

商工会議所の“働き方改革”と“事業所サービスの充実”を全面的に支援!― ソルネット、「チェンバーズパック クラウド」を販売開始 ―

2019年12月10日11時00分 / 提供:DreamNews

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社で九州・中国地区を中心にビジネス活動を展開している株式会社ソルネット(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長...

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社で九州・中国地区を中心にビジネス活動を展開している株式会社ソルネット(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:長濵 好数、以下ソルネット)は、商工会議所向けサービス「チェンバーズパック クラウド」の販売を2019年12月中旬より本格的に開始します。

ソルネットの商工会議所業務トータルシステム「チェンバーズパック」は、1998年の開発・販売以来、北九州商工会議所様と共に“チェンバーズパックで事業所のすべてが分かる”をコンセプトとした機能追加や使いやすさの改善を重ね、現在では政令指定都市の商工会議所の70%以上で導入いただいています。
このたびの「チェンバーズパック クラウド」は、様々な規模の商工会議所業務に貢献するべく、中規模から小規模の商工会議所に必要な機能を従来のパッケージ版から厳選し、安価でスピーディーに導入が可能なクラウドサービスとして発売するものです。
また、中規模から小規模の商工会議所でも導入しやすいよう、1会議所月額4万円(税別)から利用可能です。

ソルネットでは、2023年度までに100会議所への導入を目指し、様々な規模の商工会議所への幅広い支援を通じて、地域産業を支える企業への貢献を図っていきます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206699&id=bodyimage1

[システムの特長]

●データ一元管理
  ・「会員・会費情報」「指導・訪問履歴」「融資・共済情報」など、事業所に関わる全ての
   情報をひとまとめに管理
  ・ExcelやPDF、画像ファイルなどの添付ファイルも併せて管理でき、ペーパーレス化を実現

  ●業務効率アップ
  ・140を超える豊富な検索機能で必要な情報を瞬時に抽出
  ・会議所内で利用する会議データや分析用データ、国や市区町村への提出用データなど、
  様々な用途に合わせ、あらゆるデータ出力が自由自在

※製品URL:https://www.solnet-dot.com/forcus-sol/initiative-7/zaidan/chambers/

[利用価格]

1会議所 40,000円~(月額・税別)※会議所内の利用ユーザ数は無制限

=========

株式会社ソルネットについて  https://www.solnet-dot.com/

配信元企業:JBCCホールディングス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る