旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

岩手一関YEGと意見交換 ~支部制を活かした事業運営に取り組む~

2019年12月06日12時00分 / 提供:DreamNews

日本商工会議所青年部(以下日本YEG/田中暢之会長・各務原商工会議所青年部所属)は、各地の商工会議所青年部(以下YEG)が抱える悩みや、各地のさまざまな取組や事例等に関する意見交換会として、全国各...

日本商工会議所青年部(以下日本YEG/田中暢之会長・各務原商工会議所青年部所属)は、各地の商工会議所青年部(以下YEG)が抱える悩みや、各地のさまざまな取組や事例等に関する意見交換会として、全国各地のYEGを訪問しています。
2019年11月22日(金)、岩手県一関YEG(小田沢哲也会長)を訪問しました。

一関YEG小田沢哲也会長は、「当YEGは商工会議所青年部では珍しい8つの支部制で活動している。本部事業としては『ジュニアエコノミーカレッジ』に取り組んでおり、各支部ではお祭りが事業の中心となっている。メンバーの参加率が高くないという課題に頭を悩ましているが、ブロック大会などのYEGコンベンションの誘致をとおして、もっとYEG活動を活気づけていきたい。」と話してくれました。

日本YEG田中会長は、「参加率の向上については、参加することのメリットを明確に示すことが大切だ。イベント事業の実施に疲弊するのではなく、自企業のビジネスに直結した事例等の共有をするのはどうか。また、支部制を活かしたブロック大会等の運営の検討をしてみてはどうか。」と話しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206653&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206653&id=bodyimage2

商工会議所青年部は、次代の地域経済を担う青年経済人の相互研鑽の場として、また、資質の向上と会員相互の交流を通じて、自企業の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的としています。
「YEG」とは、商工会議所青年部の英語名(Young Entrepreneurs Group=若き企業家集団)の頭文字をとったもので、同時に商工会議所青年部の持つコンセプト(若さ、情熱、広い視野)を持った経営者=Youth,Energy,Generalistを表しています。
2019年5月現在、日本YEGに加入の青年部は418カ所を数え、その会員数は34,000名を超えます。YEGでは、地域の経済的発展の支えとなるべく、全国各地でのコンベンションの開催、地域からの要望や意見を集約し提言を行う活動、経営課題を解決するための事業、講演会・セミナーなどの研修事業、国際的な交流活動などを行っています。

配信元企業:日本商工会議所青年部
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る