旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アイザック・アシモフ原作のSF叙事詩を完全漫画化! コミック『銀河帝国興亡史 第4巻』2019年11月28日発売!

2019年11月26日09時30分 / 提供:DreamNews

※このプレスリリースに関するテキスト・画像データはhttp://xfs.jp/Bqx4N2よりダウンロードして下さい。株式会社サイドランチ(東京都千代田区)は、2019年11月28日にコミック『銀河帝国興亡史4 ファウンデーシ...

※このプレスリリースに関するテキスト・画像データは
http://xfs.jp/Bqx4N2
よりダウンロードして下さい。

株式会社サイドランチ(東京都千代田区)は、2019年11月28日にコミック『銀河帝国興亡史4 ファウンデーション対帝国』を、全国の書店にて発売いたします。

ノーベル賞を受賞した学者やビジネスで大成功した経営者らが挙って絶賛するアイザック・アシモフ原作のSF小説『ファウンデーション』シリーズを初めてコミック化し発売された本シリーズ。
第1巻で一部ファンから話題となり“マンガ大賞2014”一次選考にノミネート、第2、3巻では“このマンガがすごい!WEB”の記事にも立て続けに取り上げられ、認知度も徐々に高まってきています。
60年の月日を経て、なお色あせることのないSF叙事詩の原点にして頂点の物語を是非ご堪能ください!

※264ページ/本体900円(+税)/B6判

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206002&id=bodyimage1

■コミック『銀河帝国興亡史』の紹介

原作は、およそ60年前に描かれた3大SF作家アイザック・アシモフの最高傑作『ファウンデーションシリーズ(銀河帝国興亡史)』となります。スターウォーズやスタートレック、銀河英雄伝説に果てはガンダム(シリーズ)といった数多あるSF有名作の原点と評され、SFを語る上で避けて通ることの出来ない、最強のSF叙事詩との声も高い作品です。
コミック版では、原作の展開をほぼ忠実になぞらえ、かつ、脇役にもスポットを当てるといった日本テイストが施された漫画になっています。

ストーリーは、60年前に描かれた古き良きSF描写を重視し、現代マンガに多く見受けられるバトル描写や恋愛描写はほぼありません。主人公がキレると強くなることもなく、宇宙を舞台にした艦隊戦もほぼありません。しかも、1巻ごとに世代が代わるほどの月日が流れ、各話ごとに主人公が入れ替わり、キャラ萌えする暇さえ与えられません。
現代においては逆に驚愕のストーリーとも言える、会話で語り継がれる重厚な描写の物語が展開します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206002&id=bodyimage2

■銀河帝国興亡史 主なあらすじ

1万2千年もの長きにわたり、栄華を極めていた銀河帝国。その首都トランターにて、人類の未来を数学的に予測する神秘の学問『心理歴史学』を生み出したハリ・セルダンは、銀河帝国の崩壊と、後に訪れる3万年の暗黒時代の到来を予言する。
崩壊による危機をうながすセルダンであったが、帝国の弾圧により銀河の最果てへ追放の命が下る。やがて、セルダンの計画に関わった10万の民は、強制的に銀河の最果ての惑星テルミナスへ移住を余儀なくされる。
だがこれは、セルダンが周到に準備した銀河を救済する壮大なプランなのであった!

物語は、約500年に及ぶ銀河の歴史を綴るものです。各回で主役が変わり、幾世代へと受け継がれる叙事詩となり、人類が紡ぐ歴史物語が繰り広げられていきます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206002&id=bodyimage3

■待望の第4巻 内容紹介

銀河帝国の崩壊から300年、希望を託されたファンデーションにも やがて悪政が蔓延しはじめる。
セルダン計画の遂行に希望を託し、誇りを秘めた者たちがわずかな抵抗を試みる最中、 突如、巨大なカリスマ性を持つ謎の存在"ミュール"が現れる!

SF小説屈指のトリックストーリーを秘めた傑作「ミュール編」スタート!

※詳細は、『銀河帝国興亡史』特設サイト(http://www.sideranch.co.jp/gingateikoku/index.html)まで!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206002&id=bodyimage4

原作者:アイザック・アシモフとは?

1920年、ロシアに生まれたアイザック・アシモフは、幼年期にアメリカに移住。18歳の頃から小説を書き始め、推理ものからノンフィクション、科学エッセイと幅広いジャンルの作品を執筆。72年の生涯のうち、世に送り出した著作はなんと500冊超。中でもSF作品における評価は高く、アーサー・C・クラーク、ロバート・ハインラインとともに世界の三大SF作家と評されている。
1950年に発行された『われはロボット』(原題"I, Robot")では、人工知能の倫理規則「ロボット工学3原則」を打ち出し、後進の作家はもとより、実際のロボット工学から思想家にまでも大きな影響を与えた。

▼商品概要
書名:『銀河帝国興亡史4 ファウンデーション対帝国』
発売日:2019年11月28日
ISBN-13: 978-4991106408
価格:900円 B6版 全国書店にて発売
発行:株式会社サイドランチ
________________________________________
お問い合せは→ 株式会社サイドランチ 03-5256-1003  info@sideranch.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206002&id=bodyimage5

配信元企業:株式会社サイドランチ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る