旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【情報通信】特許資産規模ランキング2019、トップ3はNTT、ヤフー、GOOGLE

2019年11月07日11時00分 / 提供:DreamNews

弊社は11月7日、独自に分類した「情報通信」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「情報通信業界 特許資産規模ランキング2019」をまとめ、ランキングデータの販売を開始し...

弊社は11月7日、独自に分類した「情報通信」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「情報通信業界 特許資産規模ランキング2019」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。2018年4月1日から2019年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 NTT、2位 ヤフー、3位 GOOGLEとなりました。

1位のNTTの注目度の高い特許には、「心電図をはじめとする生体電気信号を測定するための生体電極や、生体電極が固定された衣類」や「光通信におけるマルチモード及びシングルモードを混在する光伝送システム」に関する技術が挙げられます。

2位のヤフーは、「インターネット広告における広告コンテンツの視認性を高めた表示プログラム」や「ナビゲーションシステムにおける広告提供方法」に関する技術が注目度の高い特許として挙げられます。

3位のGOOGLEの注目度の高い特許には、「クラウド上の仮想マシンシステムによるメモリアクセス」や「マルチキャリア通信システムにおいて周波数利用効率を向上させるためのシステム」に関する技術が挙げられます。

そのほか、4位のKDDIは「携帯端末に搭載されたセンサを用いて、そのセンサの計測値に基づくユーザ状態を推定する技術」、5位のAMAZON TECHNOLOGIESは「データセンターにおける電子機器への電力配分方法」に関する技術が、注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「情報通信 特許資産規模ランキング2019」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2019/11/information.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

配信元企業:株式会社パテント・リザルト
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る