旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

香港のDYMヘルスケアがApril社と提携  2019年5月1日より キャッシュレスサービス導入  多国籍患者のより良い利便性を目指す 

2019年05月10日14時00分 / 提供:DreamNews

WEB事業や人材事業、海外医療事業等を行う株式会社DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)の関連会社である、DYM HONG KONG LIMITED(読み:ディーワイエムホンコンリミテッ...

WEB事業や人材事業、海外医療事業等を行う株式会社DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区
代表取締役社長:水谷佑毅)の関連会社である、DYM HONG KONG LIMITED(読み:ディーワイエムホンコンリミテッド)が香港で展開する内科・小児科クリニック『DYMヘルスケア』は、2019年4月8日(月)にフランス系企業で世界28か国で保険サービスを提供するAPRIL Hong Kong Limited(読み:エイプリルホンコンリミテッド)とキャッシュレス提携をし、本格的にApril社の医療保険加入者の診察の受け入れを開始したことを2019年5月1日(水)に発表いたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194113&id=bodyimage1

■多国籍都市・香港の医療環境の向上へ
これまでApril社の医療保険に加入している患者は、一度当院に診察費を支払い、後日自身が加入する保険会社に医療費を請求するのが一般的なフローでした。しかし、これからは保険がカバーする範囲内(※)において、受診時の支払いが不要となります。(※)保険対象・条件は患者様により異なります。詳しくは加入しているApril社とのご契約をご確認ください。
香港には在香港のフランス系の会社に勤める日本人や、フランスからの駐在員など、様々な国籍の方が在住しています。これまでApril社の保険に加入している患者は、一度立替払いをする必要がありましたが、今後は支払い不要(キャッシュレス)となり、利便性が向上しました。

■今後の展開
DYMヘルスケアはMissionにも掲げている通り、人種を問わず周辺地域の医療環境の向上を目指しています。今後も日本発のインターナショナルクリニックとして、クリニックがある太古エリアに住む外国籍の患者様に対して初期医療を提供していくことで、地域医療に貢献してまいります。

■DYMヘルスケアについて
DYMヘルスケア(英語名:DYM health care)は、香港の日本人居住区に近い太古駅直結のKornhill Plaza13階に、2017年10月に開院した日系の内科・小児科クリニックです。日本人医師経営のもと、日本人通訳が常駐し、病気や怪我などの一般診療から予防接種、健康診断などを提供しています。また現地在住の日本人駐在員家族から、特に要望の多い小児科医による小児健診や、予防接種の相談も行っています。
株式会社DYMは、『DYMヘルスケア』を通じて、当社理念である「健康で充実した海外生活をサポートするための安心で身近な医療の提供」を実現し、今後も社会貢献を続けてまいります。

■関連会社概要
(1)商号 :DYM HONG KONG LIMITED
(2)代表取締役社長 :水谷 佑毅
(3)設立年月日 :2016 年 8 月
(4)資本金 :100万香港ドル
(5)所在地 :Room1302,13/F,Kornhill Plaza, Office Tower 1 Kornhill road, Quarry Bay,
HongKong
(6)従業員 :11名(2019年4月1日時点)
(7)事業内容 :ヘルスケア事業
(8)URL :https://www.dymhongkong.com/

配信元企業:DYM Hong Kong Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る