旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

国際会議「第11回免疫原性バイオアッセイサミット」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始

2019年05月08日11時00分 / 提供:DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2019年10月15-18日 米国、ワシントンD.C.にて開催されますCambridge Healthtech Institute...

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2019年10月15-18日 米国、ワシントンD.C.にて開催されますCambridge Healthtech Institute主催 国際会議 「11th Annual Immunogenicity Bioassay Summit-第11回免疫原性バイオアッセイサミット」の代理店として参加のお申込み受付を5月8日より開始致しました。

米国で開催される免疫原性とバイオアッセイに焦点を絞り込んだこのイベントに製薬会社、研究機関、規制機関の幹部が多数集結

今度で11年目を迎えるCambridge Healthtech Institute(CHI)主催のImmunogenicity & Bioassay Summitでは、製薬業界が現在直面している課題について考えながら、最新のケーススタディや見解、手法に触れたり、製薬会社、研究機関、規制機関の幹部による講演を聞いたりすることができます。今年のサミットでは、3つのカンファレンスプログラムとシンポジウム、特定のテーマを深く掘り下げる研修セミナーやショートコース、経験や着想を披露し合うことができるグループ討論などが予定されており、人脈を広げるまたとないチャンスになります。

Immunogenicity Assessment & Clinical Relevance( 免疫原性評価と臨床的関連性 )
意味のある評価のためのアッセイ戦略
2019年10月16-17日
http://www.giievent.jp/chi809128/immunogenicity-assessment-clinical-relevance.shtml

Immunogenicity Prediction & Control( 免疫原性の予測と制御 )
規制機関の見方、リスク要因、管理
2019年10月17-18日
http://www.giievent.jp/chi809128/immunogenicity-prediction.shtml

Optimizing Bioassays for Biologics( 生物製剤に対応するバイオアッセイの最適化 )
成功裏に行われたバイオアッセイ開発のケーススタディ
2019年10月17-18日
http://www.giievent.jp/chi809128/bioassays-for-biologics.shtml

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「11th Annual Immunogenicity Bioassay Summit-第11回免疫原性バイオアッセイサミット」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「11th Annual Immunogenicity Bioassay Summit-第11回免疫原性バイオアッセイサミット」
開催日:2019年10月15-18日
開催地: 米国、ワシントンD.C.:The Westin Alexandria, Washington, DC USA
概要、お申し込みはこちら: http://www.giievent.jp/chi809128/

Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193970&id=bodyimage1

配信元企業:株式会社グローバル インフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る