旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【訂正と記載漏れとお詫び】世界最小(当社調べ)のZynqボード「ADZBT1」(アズビットワン)ARM Cortex-A9 Processor内蔵FPGA搭載。FPGAの並列処理が極小ボード上で実現。

2019年05月08日09時00分 / 提供:DreamNews

2019年5月7日(火)12時に配信したプレスリリースの内容に一部誤りがございました。訂正した内容を再度配信させていただくとともに、関係者各位の皆様には深くお詫び申し上げます。※対象プレスリリース■2019年5月...

2019年5月7日(火)12時に配信したプレスリリースの内容に一部誤りがございました。訂正した内容を再度配信させていただくとともに、関係者各位の皆様には深くお詫び申し上げます。

※対象プレスリリース
■2019年5月7日(火)12時配信のプレスリリース
世界最小(当社調べ)のZynqボード「ADZBT1」(アズビットワン)ARM Cortex-A9 Processor内蔵FPGA搭載 CPUの汎用性+FPGAの並列処理性能が極小ボード上で実現可能。

※訂正内容
■ADZBT1 URLについて
(誤)https://www.adte.co.jp/products/
(正)https://www.adte.co.jp/news/
■価格について追記
■購入方法について追記
■設計・販売元について追記

以下、正しい内容のプレスリリースとなります。

LSI・FPGA設計開発、ソフトウェア開発、製品販売を手掛ける、アドバンスデザインテクノロジー株式会社(所在地:東京都府中市、代表取締役:高橋あずさ)は、ADZBT1を、2019年05月07日(火)より販売開始します。

■ADZBT1

https://www.adte.co.jp/news/

【背景】
「安価で小型なCPU搭載のFPGAボードを開発したい」「弊社の得意とするFPGAをラズベリーパイのように使いたい」「幅広く応用できて、誰でも使えるようにしたい」といった視点で開発しました。

【製品・サービスの概要】
ADZBT1は、39.5mm×39.5mmの、世界最小のZynqボードです。(2018年12月当社調べ)
ARM Coretex-A9 Processer搭載のFPGAを実装し、LinuxOS+FPGA(ユーザー独自の回路を実装)を使って安価で小型な開発が実現可能です。ADZBT1オリジナルのサンプルデザインのご提供により、開発の難易度を緩和します。

<3つの特長>
1:世界最小のZynqボード(39.5mm×39.5mm) (2018年12月当社調べ)

2:ARM Coretex-A9 Processer搭載し、LinuxOS+FPGAで動作します。
  ADZBT1のみで、オリジナルのデジタル回路も実現できます。

3:汎用性があり、安価で小型な開発が実現できます。

【今後の展望】
拡張ボードの開発や、シリーズ展開を考えています。

【価格】1個から販売可能(下記1個の価格)
Single core:\15,000-(税抜)※販売中
Dual Core:\16,000-(税抜)※販売準備中

【購入方法】
・弊社直接お問い合わせの場合
個数、送付先、お名前をメールにてご連絡願います。Email:adt_topsales@adte.co.jp
折り返し、送料と税込代金をご連絡致します。
・楽天
https://item.rakuten.co.jp/adtshop/adzbt1/

【設計・販売元】
アドバンスデザインテクノロジー株式会社
本社:〒183-0056 東京都府中市寿町1-1-3 三ツ木寿町ビル10F
Tel:042-354-3460
Fax:042-354-3466
URL:https://www.adte.co.jp
Email:adt_topsales@adte.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193955&id=bodyimage1

配信元企業:アドバンスデザインテクノロジー株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る