旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ネットショップ支援室 アシスト店長をZendeskに連携させ、受注管理と顧客とのコミュニケーションを一元化するサービスの提供を開始

2019年02月07日14時00分 / 提供:DreamNews

株式会社ネットショップ支援室(東京都新宿区、代表取締役:泉成人、以下ネットショップ支援室)は株式会社エクレクト(東京都世田谷区、代表取締役:辻本真大、以下エクレクト)とEC受注管理システム「アシスト...

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000189161&id=bodyimage1

株式会社ネットショップ支援室(東京都新宿区、代表取締役:泉成人、以下ネットショップ支援室)は株式会社エクレクト(東京都世田谷区、代表取締役:辻本真大、以下エクレクト)とEC受注管理システム「アシスト店長」を、カスタマーサービスプラットフォームの「Zendesk」に連携させたサービスを開発し、提供を2019年2月6日に開始いたしました。

EC業界においては、顧客とのコミュニケーションにおけるチャネルが多様化し、実店舗、営業担当、電話、メール、Webサイト、チャット、SNSなど、あらゆるチャネルを網羅した顧客コミュニケーションが必要になってきています。そのような状況の中、「顧客にチャネルの違いを意識させないシームレスさ」を提供するためには、購買データなどのCRM、対応マニュアルなどのナレッジベース、在庫管理から発送まで、すべてのデータをリアルタイムに近い形でコミュニケーションと連携する必要があります。
ネットショップ支援室では、この問題を解決すべく、EC業務の受注・在庫一元管理システムであるネットショップ支援室の「アシスト店長」とオムニチャネルでの顧客とのコミュニケーションをサポートするクラウド型カスタマーサービスプラットフォーム「Zendesk」を連携するソリューションを開発いたしました。
アシスト店長は、複数のECサイトで決済された受注情報を集約し一元管理することが可能ですが、本連携によりZendeskの画面上からも顧客情報や受注・発送情報の閲覧、検索を行うことができるようになります。
よって、カスタマーサポート担当者は、Zendesk Supportの画面内で顧客の状況に応じたシームレスな顧客対応が可能となります。

アシスト店長について
アシスト店長」は、複数ECショップのデータの一元管理するだけではなく、LTVの最大化をアシストし、成功まで導く「一気通貫」システムです。
大きく分けて「受注管理」「在庫管理」「顧客管理」「分析管理」「メール管理」の5つの機能があり、受注から発送までの多くの作業を自動化します。モール・カート以外に、多数の送り状発行システムや物流・倉庫管理システムとも連携しています。
URL:http://assist-tencho.com/

■Zendeskについて
Zendeskは、優れた顧客体験を提供するためのカスタマーサービスとカスタマーエンゲージメントのプラットフォームを提供しています。Zendeskのプラットフォームは、スタートアップ企業、中小企業、成長企業さらにエンタープライズ企業のニーズに対応できる機能と柔軟性を備え、幅広い業種で採用されています。Zendeskは、125,000以上の有料顧客アカウントに30以上の言語でサービスとサポートを提供しています。サンフランシスコに本社を置き、北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南米など15の拠点で事業を展開しています。 詳しくは https://www.zendesk.co.jp をご覧ください。

■エクレクトについて
エクレクトはZendeskの公式認定資格を全て取得している日本唯一の会社です。Zendeskの導入支援・データ移行・テンプレートの制作、各種Zendeskアプリケーションの開発、既存システムとの連携など、多くのお客様に提供しております。クラウドサービスを専門に各業界で活躍したプロフェッショナルたちが、お客様のZendesk活用の成功に向けて支援いたします。
URL:https://eclect.co.jp/

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000189161&id=bodyimage2

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る