旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大阪万博推進室の設置 -2025年万博の成功に向け、未来社会の実験場構築を目指す-

2019年01月10日14時00分 / 提供:DreamNews

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)は、1月1日付で大阪万博推進室を設置しました。2025年に大阪・関西で開催される国際博覧会で提唱されているテーマ、コンセプトの実現に...

株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)は、1月1日付で大阪万博推進室を設置しました。2025年に大阪・関西で開催される国際博覧会で提唱されているテーマ、コンセプトの実現に向けて、積極的に取り組んでいきます。

2025年に大阪・関西で開催される国際博覧会(以下「2025年大阪万博」)は、テーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」、コンセプトが「未来社会の実験場『People's Living Lab』」です。当社はその実現を目指し、西日本営業本部(大阪)内に「大阪万博推進室」を設置しました。

当社はこれまで2005年愛知万博、2020年ドバイ万博をはじめとした博覧会の開催支援や、2025年大阪万博の誘致活動支援を行っており、博覧会開催に関する多くの知見を有しています。また、SDGs(*)の取り組みや未来社会実現に向けた各種の実験・実証事業も行っており、2025年大阪万博の成功や未来社会づくりに寄与できるものと考えています。

大阪万博推進室の主たる活動は、2025年大阪万博の企画や実行支援、各企業の万博対応支援や共創などです。大阪万博推進室の活動については、今後も順次、情報発信していきます。
また、2019年3月をめどに研究会を立ち上げる予定です。この研究会では、未来社会像を積極的に発信していくとともに、地域、企業、ベンチャー、研究機関などとの共創を通じて未来社会の実験場を成功させ、その成果を次世代につないでいきます。

(*)持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)。2015年9月の国連サミットで採択された2016~2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現するための17のゴールが示されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本件に関するお問い合わせ先

株式会社三菱総合研究所
〒530-0011 大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 17F

【内容に関するお問い合わせ】
西日本営業本部 大阪万博推進室 高橋、芦田、北側
電話:06- 6292 -7145  メール:osaka-expo@ml.mri.co.jp

【取材に関するお問い合わせ】
広報部
電話:03-6705-6000  メール:media@mri.co.jp

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る