旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

単語や専門用語を登録すればアプリが自動で問題を生成。外国語学習や資格試験対策はもちろん、ビジネスマンの情報共有アイテムとしても利用可能。今までにないアウトプット型のフラッシュカードアプリが登場です!

2019年01月09日09時30分 / 提供:DreamNews

有限責任事業組合ジャパン・オルタナティブ・トラディッション(東京都文京区)は、2019年1月9日にiOSアプリ「AIフラッシュカード - アウトプット型単語帳」を無料リリースいたしました。制作理由アプリストアに...

有限責任事業組合ジャパン・オルタナティブ・トラディッション(東京都文京区)は、2019年1月9日にiOSアプリ「AIフラッシュカード - アウトプット型単語帳」を無料リリースいたしました。

制作理由

アプリストアには無数のフラッシュカードアプリが存在しますが、紙のようにひたすらカードを作って覚えるだけのものが大半です。一方で高価格のアプリは操作方法が複雑で、十分にアプリの機能が活かしきれないということがあります。このアプリは単語や専門用語を登録すれば、自動で問題が作成され、いつでもどこでも気軽に暗記問題と選択問題をこなすことができます。

アプリの使い方は簡単!

アプリの使い方もとても簡単です。

1. 覚えたい単語や熟語のリストを作成。
2. 作成したリストに単語を登録。

たったこれだけです。リストに登録した単語はフラッシュカードと選択問題に自動で変換されます。フラッシュカードを使えば気軽に単語を暗記できますし、選択問題では単語の理解度をチェックできます。

その他の機能

個々の単語は外部辞書に自動でアクセスできるため、使い方次第で単語の知識を深めることも可能です。

ExcelやNumbersで作った単語リストをアプリにインポートすることもできるので、学校、ゼミ、友人同士で単語リストを共有することもできます。

学生の方や生涯学習として語学を勉強されている方は英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語といった外国語の単語を覚えるために利用できますし、リストのカテゴライズ次第で歴史の年号や専門用語、各種試験・資格に応用できます。

ビジネスに応用

アプリを用いることで、ビジネスマンは社内グループなどで問題や課題を共有したり、目的達成に向けて共通の理解度をチーム内で前提とさせておくなど、アプリの使い方は自由自在です。

是非、皆様の生活にお役立てください。

アプリに関して

アプリ名 : AIフラッシュカード - アウトプット型単語帳
リリース日 : 2019年1月9日
無料ダウンロード
詳細URL : https://apple.co/2FewFOJ

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187581&id=bodyimage1

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187581&id=bodyimage2

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る