旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本モレックス、車載用途に向けて4G、Wi-Fi、GPSを1台でカバーするIP66規格に準拠した「3-in-1外付けアンテナ」を発表

2019年01月07日14時00分 / 提供:DreamNews

2019年1月7日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、1台で4G、Wi-Fi、GPS信号をカバーする防水仕様の車載...

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000187056&id=bodyimage1

2019年1月7日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:梶 純一)は、1台で4G、Wi-Fi、GPS信号をカバーする防水仕様の車載用「3-in-1外付けアンテナ」を本日発表しました。

自動車用途に用いられる外付けアンテナは、高温多湿、腐食性の化学物質、高い衝撃や振動といった様々な過酷環境下においても安定した動作が要求されます。モレックスの3-in-1外付けアンテナは直径77mm、高さ15mmの小型設計で、4G/Wi-Fi/GPSの各無線デバイスを接続する3mケーブルを各1本(計3本)備えており、対応する周波数は、GPS:1575.42 ± 1.023 MHz、4G:824 to 960 MHzおよび1.71 to 2.60 GHz、Wi-Fi:2.4 to 2.5 GHzです。また本アンテナは、IP66規格の防水性能を有しており、動作温度範囲は-40から+85°C、取付方法は接着剤、マグネット、ボルト接合が利用可能です。

ケーブルには自動車産業で重視されるドイツのFAKRA規格に準拠したコネクターを採用しており、要望に応じてSMAやMMCXなどのコネクターにカスタマイズが可能です。3-in-1外付けアンテナは、高性能な接続システムとエンクロージャ(筐体)に関するモレックス独自の専門技術が採り入れられた製品です。

3-in-1外付けアンテナの主な特徴

・ 4G/Wi-Fi/GPSの無線信号3種に対応

・ 湿度、腐食、高温、衝撃や振動などの過酷環境への耐性を備え、屋外での使用に適合

・ 用途に応じて接着剤、マグネット、ボルト接合の取付方法が選択でき、設計自由度を向上

・ 標準仕様のFAKRAコネクターは、SMA、MMCXなどの他のコネクターによるカスタマイズも可能

本アンテナは、テレマティクス、遠隔モニタリング、ナビゲーションのほか、高速データ通信が要求される商用車のフリート管理システムなどの自動車用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/standard_antennas.html をご覧下さい。

モレックスについて
モレックスは世界中のお客様に電子ソリューションを提供するため、日々技術革新に取り組んでいる。モレックスは世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、家電、インダストリアル、自動車、商用車および医療など数多くの市場に、各種接続システムをはじめとした最適な電子ソリューションとサービスを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る