旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ペンタセキュリティ、米国で自動運転車両向けのセキュリティ技術を披露

2018年12月11日10時30分 / 提供:DreamNews

IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒュー...

IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)が12月10日、米国テキサス州で開催された「OmniAir Plugfest」に参加し、自動運転車両専用の認証書ソリューションである「AutoCrypt PKI」を披露し、連動を通じて、適合性と性能を検証したことを明らかにした。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000186247&id=bodyimage1

"OmniAirPlugfest"は、自動運転、ITS等の次世代道路交通の核心技術であるV2X(VehicletoEverything)のために、通信端末とインフラ間の相互適合性および性能を試みるイベントであり、世界中のV2X企業と車両メーカー、部品会社が参加し、V2X互換性を相互テストする。ペンタセキュリティは、"OmniAir Plugfest"において安全なV2X通信のために、"AutoCrypt PKI"を活用し、多数の端末やインフラ間の連動試験を成功的に遂行することによって、技術力の優秀性を認められた。

ペンタセキュリティの"AutoCrypt PKI"は、国際標準が要求する車両用認証書を発行・管理するシステムであり、安全なV2X通信環境を構築するためには不可欠な役割を果たす。 また、匿名化技術が搭載されており、個人情報流出を根本的に遮断することができる。ペンタセキュリティは、OmniAir ワーキンググループでSCMS(車両用PKI システム)テストのためのシナリオ作成やプロセス標準化作業を進め、多数の国内C-ITS実証事業に参加するなど、,安全なV2X環境構築に向け、国内外の活動を活発に展開している。

ペンタセキュリティのIoTセキュリティR&Dセンター長のキム・イソク常務は、「最近のV2X通信は、安全な自動運転のための技術として注目されている。"OmniAir Plugfest"イベントを通じて、世界中の様々な環境における相互運用性を実証し、海外パートナーシップを強化する時間だった。これからも安全な次世代交通環境の構築に向け努力していく予定だ。」と述べた。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る