旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【古着を寄付して下さい】高校生による起業アイディア × 商店街の活性化を図る「古着屋プロジェクト」

2018年11月29日10時00分 / 提供:DreamNews

和ケ原商店街振興組合と、株式会社角川アスキー総合研究所(中小企業庁 学びと社会の連携促進事業(起業家教育)事務局)の「所沢U-18 WAGAHARA STARTUP PROGURAM」で集まった高校生5人と協力し合い、商店街の...

和ケ原商店街振興組合と、株式会社角川アスキー総合研究所(中小企業庁 学びと社会の連携促進事業(起業家教育)事務局)の「所沢U-18 WAGAHARA STARTUP PROGURAM」で集まった高校生5人と協力し合い、商店街の復興を目指し、2018 年 12 月 15 日 土曜日 10 時~20 時に、テスト的に古着屋をオープンします。まずは所沢和ケ原商店街のイベントの一環として空き店舗を利用して、テスト的に古着屋をオープンし、その反響や反省などを今後の本格的なオープンに活かしていきたいと考えています。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000185663&id=bodyimage1

【古着屋プロジェクトについて】
この古着屋プロジェクトには「商店街を認知してもらい再興につなげること」「高校生起業家の夢の実現に向けての活動」という 2 つの大きな目的があります。

「商店街を認知してもらい商店街の再興につなげること」
私たちは和ケ原商店街の周りには学校が多くあることに着目しました。学生がよく商店街を
通ります。しかし、その学生たちが商店街の存在を認知していないと感じました。そこで今
回、若者をターゲットにした古着屋をオープンすることにしました。若い人たちにまず商店
街の存在を知ってもらい認知度を高め、そこから再興につなげていこうと考えています。

「私たち高校生起業家の夢の実現に向けての活動」
私たち高校生 5 人は、それぞれが商店街の再興のためのビジネスプランを持っています。そ
のプランとは各々の将来の夢に繋がるビジネスプランです。中野怜志の古着屋のプランもそ
の 1 つです。今回は古着屋プロジェクトを実行に移しますが、いずれ他の 4 人のビジネスプ
ランも実施していきます。また、今回の古着屋プロジェクト通じて得た経験や反省を今後のビ
ジネスプランの実施の際に活かしていきます。私たちは、夢の実現に協力してくださる商店街
を再興させるとともに、それぞれの夢の実現に向けても活動していきます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000185663&id=bodyimage2

【古着の送り先について】
〒359-1162
埼玉県所沢市和ケ原 1-3031-117 和ケ原商店街宛

【古着を送る際の注意事項】
・荷物を送る期間は 2018 年 12 月 9 日(日)までとさせて頂きます。
・今回の古着屋プロジェクトは若者をターゲットにしたものです。よって若者が着るような服や小物を送ってください。
・古着は寄付という形となります。
・著しく汚れているもの、破損のあるものを送るのは避けてください。
・段ボールのサイズは縦+横+奥行きの合計が 80 cmまででお願いします。
・送料は 1 人につき着払い 1000 円(税込)まで商店街で負担します。
・送って頂く商品の説明など書いた紙があれば荷物と一緒に送ってください。

【ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます】
今回の古着屋プロジェクトにおいて、私たちは様々な企業にこのプロジェクトについてプレゼンをし、支援して下さる企業を探している途中です。しかし現状としては販売する古着が足りていません。このプロジェクトに賛同してくださる方がいましたら若者向けの服を私たちに送ってくださると幸いです

【高校生について】
私たち 5 人は起業家育成事業「所沢 U-18 WAGAHARA STARTUP PROGRAM」で集まった埼玉県内の高校に通う高校生です。それぞれの夢やプロフィールなどは、高校生起業家.com(https://eh-school.com/)から見ることができます。

【イベントについて】
■時 期
2018 年 12 月 15 日 土曜日 10 時~20 時(テストオープン、変更の可能性あり)

■会 場
所沢市和ケ原商店街 埼玉県所沢市和ケ原 1 丁目 121-10
西武池袋線 狭山ヶ丘駅 西口 徒歩 10 分

■主 催
和ケ原商店街振興組合 所沢市内高校生

■協 力
株式会社 Personal Marketing / 埼玉県 / 所沢市 / 株式会社角川アスキー総合研究所
中小企業庁 学びと社会の連携促進事業(起業家教育)事務局)

※このプレスリリースは、高校生が話し合い作成したものです。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000185663&id=bodyimage5

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る