旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

“代表取締役が100名超の全社員と面談” ウォーターワン株式会社の面談weekがスタート

2018年10月29日09時00分 / 提供:DreamNews

ウォーターワン株式会社(所在地:神奈川県横浜市西区、代表取締役:船木拓志)では、2018年10月1日より、社内の人事プロジェクトの一環として、代表が全社員と面談を行う「面談week」を開始いたしました。

ウォーターワン株式会社(所在地:神奈川県横浜市西区、代表取締役:船木拓志)では、2018年10月1日より、社内の人事プロジェクトの一環として、代表が全社員と面談を行う「面談week」を開始いたしました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000183695&id=bodyimage1

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000183695&id=bodyimage2

ウォーターワングループでは多岐にわたる事業を展開しており、現在8事業部・32グループまで拡大しています。拠点に関しても、国内では北は青森県から南は福岡県まで、また海外においてはフィリピンのダバオ支店と、幅広いエリアに事業所を開設しております。
現在従業員の多くが、普段から代表と会話をする、相談をする機会はほぼない状況であり、また代表自身も現場について直接見聞きする機会がなかなか無い状況でした。
この度のプロジェクトでは、代表と現場の社員が直接面談をする機会を作ることで、従業員のモチベーションアップにつなげることはもちろん、長く働ける環境づくりを促進させる契機にしたいと考えております。また代表自身が普段見ることが無い現場の業務内容や組織体制、問題点を知ることで、各事業部に根本的な課題がないのか探ってまいります。

代表と行う面談の内容は、各上長に公表されることはなく、代表に話したいことを自由に話すことができます。また業務の詳細や問題点を確認したうえで代表がアドバイスを行います。
また代表と今後半年間の目標をきめて、用紙に記入。そこに代表もコメントを書き込んだ上で各事業所に貼り出すなど、「代表とコミットする」非日常を生み出します。
また代表も、各事業のオペレーションの確認や、人材適正、マネジメントが行き届いているかなど総合的に聞き取りを行い、部下から見た上司の実像を知ることができる良い機会です。
早くも各従業員からは良かったという声も聞かれ始めており、1年に1度程度の間隔での継続を検討しています。

■企業/サービス概要
【ウォーターワン株式会社
ウォーターワン株式会社http://www.waterone.co.jp/)は、移動体通信事業・情報通信事業・介護福祉事業・テレマーケティング事業など多種多様な事業展開を通じて、今社会に求められているサービスを高品質かつタイムリーに提供することを目指しています。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る