旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

TPCマーケティングリサーチ株式会社、医薬品原薬・中間体市場について調査結果を発表

2018年09月28日17時30分 / 提供:DreamNews

当資料は、医薬品原薬・中間体市場を調査するとともに、主要企業の事業展開動向についても分析したものである。国内の医薬品原薬・中間体市場は、ジェネリック医薬品の普及・拡大や高薬理活性原薬の需要が拡大。...

当資料は、医薬品原薬・中間体市場を調査するとともに、主要企業の事業展開動向についても分析したものである。国内の医薬品原薬・中間体市場は、ジェネリック医薬品の普及・拡大や高薬理活性原薬の需要が拡大。さらに、各社の受託サービス海外展開の加速等により、年々拡大傾向にある。同市場は、今後もコスト競争力の高い海外メーカーの新規参入や、各社のアジア市場に向けた進出が予想され、さらなる活性化が見込まれている。

概要
◆国内の医薬品原薬・中間体市場は、年々拡大傾向にある。主な要因としては、医薬品業界におけるジェネリック医薬品の普及・拡大と抗がん剤をはじめとする高薬理活性原薬の需要拡大、各社の海外展開の加速などが挙げられる。

◆政府は、2020年末までにジェネリック医薬品の数量シェアを80%以上に引き上げる目標を掲げており、今後、ジェネリック医薬品の需要はさらに拡大すると見られる。これに伴い、ジェネリック医薬品を狙って本格的に参入する原薬・中間体メーカーも増加傾向にある。また、コスト競争力の高い中国・インドなど新興国の海外メーカーも、国内の需要増を背景に多数参入することが予想され、市場はさらに活発化していく見通し。

◆高薬理活性原薬市場は、抗がん剤、循環器系、中枢神経等の領域で近年、大きく成長している。特に抗がん剤は、高齢化などによる発がん率の高まりにより、今後、需要が拡大すると見られる。こうした市場背景を受けて、各企業はさらなる事業拡大に向けて設備の増強を積極的に行っている。

◆海外展開においても、インド・中国などのアジア市場に向けて、進出の動きが活発化している。特にインドではジェネリック医薬品の有力メーカーが多く、ジェネリック生産の最大市場を形成している。したがって、今後は環境の厳しい国内から海外への展開を加速させていく企業が増える見込み。

◆当資料では、医薬品原薬・中間体の市場分析と主要企業の事業展開動向(企業概要、医薬品原薬・中間体の参入経緯、製品展開、推進体制、売上規模、主要取引先、今後の方向性)を中心に調査・分析を行った。今後の医薬品原薬・中間体事業の事業戦略データをして一助となれば幸いである。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181659&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2018年 医薬品原薬・中間体の市場分析調査」
―「ジェネリック」「高薬理活性」「海外展開」が市場成長の鍵―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410180435
資料体裁:A4判 160頁
発刊日:2018年9月25日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る