旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【データ復元保険全件付帯】FujiSSLプレミアムリリース

2018年09月10日10時00分 / 提供:DreamNews

株式会社ニジモ(以下ニジモ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 小坂辰夫)はWebブラウザとWebサーバ間で通信の暗号化に用いられるSSLサーバ証明書の発行サービス「FujiSSL」( https://www.fujissl.jp )...

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180767&id=bodyimage1

株式会社ニジモ(以下ニジモ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 小坂辰夫)はWebブラウザとWebサーバ間で通信の暗号化に用いられるSSLサーバ証明書の発行サービス「FujiSSL」( https://www.fujissl.jp )にSSLプロトコル脆弱性診断サービス、データ復元保険を全件付帯したFujiSSLプレミアムを2018年9月10日よりリリースいたします。

SSLプロトコル脆弱性診断概要
SSLサーバ証明書をインストールしただけではサーバは安全ではありません。
FujiSSLプレミアムはSSLプロトコル周りで特に対策が必要な項目の脆弱性を診断いたします。

SSLプロトコル脆弱性診断要件
・ssl://コモンネーム名:443でのアクセス環境
・FujiSSLサーバ証明書の設置

◎診断により確認・予防する事ができる代表的な脆弱性
FujiSSL脆弱性診断により確認・予防が期待できる、代表的な脆弱性の一部をご紹介します。

・Heartbleed
Heartbleedは、OpenSSLを利用しているサーバに細工したデータを送信するだけで、サーバのメモリー上にあるデータ(Webサイトの秘密鍵、ユーザーIDやパスワードや暗号化しているはずのコンテンツ)を、第三者が閲覧できる可能性のあるバグです。

・POODLE
サーバとの通信においてパスワード等の個人情報やCookie情報が第三者に漏えいする危険性があります。

中間者攻撃
暗号化に必要な鍵を事前に知らない第三者が、大量通信や中間者攻撃によって、暗号化されたデータを解読してしまう危険性があります。

※情報セキュリティの環境は常に変化しており、新たに脆弱性が発見されることがあります。そのため、診断項目は随時追加されます。またWEB管理者は定期的にサイトの安全性をチェックし脆弱性対策をする必要があります。

データ復元保険概要

保険の引受先は東京海上日動火災保険株式会社

FujiSSLプレミアムを発行いただきますとデータ復元保険が自動的に付保されます。保険の付保のタイミングは他社製品からの乗換の場合他社証明書の重複期間終了日の翌日からとなりますのでご注意ください。

保険の概要は以下の通りです。

引受保険会社    東京海上日動火災保険株式会社
契約者       株式会社ニジモ
被保険者      エンドユーザ様
保険責任期間開始日 SSLサーバ証明書発行日(他社からの乗換に関しては他社証明書の重複期間終了日の翌日)
保険責任期間    1年、2年を証明書に合わせ選択可能
補償内容      インターネットに接続するサーバ(日本国内に限る)に記録されたアプリケーションや、個人情報または電子データが、サイバー攻撃等の不正アクセスにより損害を受けた場合、情報の修復、再制作、再取得に要した費用をお支払い。
FujiSSLプレミアム 最大10万円
FujiSSLプレミアムワイルドカード 最大100万円

■お申込み方法
FujiSSLはお申し込みから発行までのステップがオンライン化されており、審査書類の準備も不要で、証明書申し込み完了から最短1分で証明書が発行できます。

■FujiSSL特徴
「FujiSSL」は純国産のルート証明書を利用し、日本国内で審査発行を行うSSLサーバ証明書であり、海外発行の格安証明書と異なり、審査・発行まですべて日本国内で行われますのでサポートも安心です。

*SSLを使っているサイトでは アドレスバーのURLが https:// から始まります。また、ブラウザに鍵マークが表示されます。

■FujiSSLプレミアム価格表

【新規・更新】
1年 5,000円(税抜)
2年 10,000円(税抜)

■FujiSSLプレミアムワイルドカード価格表

【新規・更新】
1年 50,000円(税抜)
2年 100,000円(税抜)

■商品仕様
発行対象    企業/団体/個人
認証      ドメイン認証
提出書類    不要(書類の提出はありません)
発行期間    1年~2年
認証シール   サイトシールを提供
更新      有効期限の90日前から手続きが可能
再発行     メール認証・ファイル認証ともに、有効期間内なら何度でも再発行が可能
証明書の階層  3階層または、4階層
暗号化強度   最大256bit
利用可能サーバ Webサーバ、メールサーバ、FTPサーバ、負荷分散装置、SSLアクセラレータ等
ライセンス体系 1FQDN毎(サーバ台数には依存しません)

■お支払い方法
クレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners、Discover)

■パートナープログラム
FujiSSLのサーバ証明書を再販していただけるパートナープログラムをご用意しています。証明書の代行申請やクーポンの販売などお客様のビジネスに合わせてご選択いただけます。
専用の管理画面、APIを提供いたします。

■サービス提供サイトURL
https://www.fujissl.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――

【会社概要】
株式会社ニジモ:https://www.nijimo.jp/
2007年5月設立 資本金10,000,000円
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2クロスオフィス渋谷5F
Tel:03-6712-6011/Fax:03-6712-6012

【本件に関するお問い合わせ先】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-12-2クロスオフィス渋谷5F
Tel:03-6712-6011/Fax:03-6712-6012
担当:石野武保

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る