旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

播磨澪・著『一人称の死 自分が死ぬ、その瞬間』株式会社幻冬舎ルネッサンス新社より2018年8月7日に発売!

2018年09月06日10時00分 / 提供:DreamNews

死の間際を彷徨った著者が綴る「命の声」を伝えるノンフィクション科学的な解明が進む「臨死の脳」。事故・窒息・病気――幾度も“死の間際”を彷徨った著者が綴る死の寸前の「私の脳内」脳は「生きる」というプログ...

死の間際を彷徨った著者が綴る
「命の声」を伝えるノンフィクション

科学的な解明が進む「臨死の脳」。
事故・窒息・病気――
幾度も“死の間際”を彷徨った著者が綴る
死の寸前の「私の脳内」

脳は「生きる」というプログラミングしかされていない
第1部 「命」は「命」を諦めない
「一人称の死」自分が死ぬその瞬間、
「二人称の死」愛する人が旅立つそのとき、
「命(脳)」は生きることを諦めない
第2部 「心の傷」と「心の病気」、回復の軌跡
過酷な経験をして心が傷ついている人へ
長くて暗い「心のトンネル」も、
歩いていれば必ず出口にたどり着く

「命の声」を伝えるノンフィクション

■目次
第1部 「命」は「命」を諦めない
序章
第1章 一人称の死、自分が死ぬその瞬間
第2章 脳の話
第3章 死ぬときの脳
第4章 「自殺」と「終末期」いついて
第5章 「二人称の死」、そして「命と死」

第2部 「心の傷」と「心の病気」、回復の軌跡
序章
第1章 死を経験した一人称の生
第2章 心の病気
第3章 「心の傷」と「心の病気」

■著者略歴
播磨澪(はりま みお)
1953年(昭和28年)、北海道生まれ。
元中学高校の国語 科講師、塾講師。
夫の転勤で、大阪東京、ロンドンに 住む。現在、埼玉県在住。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180442&id=bodyimage1

■書籍紹介
書 名 :一人称の死 自分が死ぬ、その瞬間
著 者 :播磨澪
定 価 : 864円(本体価格800円+税)
発行日: 2018年8月7日
判 型: 四六判、148頁
発行元:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
発売元:株式会社幻冬舎
ISBN : 9784344918092

■販売サイト
・Amazon⇒ https://www.amazon.co.jp/dp/4344918096/
紀伊国屋書店ウェブストア⇒ https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784344918092
・honto⇒ https://honto.jp/netstore/pd-book_29205248.html

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る