旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エコラボ、HACCP制度化対応のウェブセミナーを開催

2021年06月03日16時01分 / 提供:Digital PR Platform

食品衛生管理クラウドサービス「あんしんHACCP」を含むエコラボのソリューションで、HACCP制度化をトータルサポート

衛生管理の世界的リーディングカンパニーであるエコラボの日本法人、エコラボ合同会社(本社:東京都中央区、代表:下元 紳志)は、5月21日(金)にウェブセミナー「HACCP制度化完全施行直前!まだ間に合うHACCP制度化対応」を開催しました。今回はそのセミナーの一部をご紹介します。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1673/48065/600_286_2021060313403360b85d418df93.PNG

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理では、管理計画・実施記録の適切な運用が最重要
食品衛生法改正により、2020年6月から施行されたHACCP制度化。施行後1年間の猶予期間も終わりに近付き、いよいよ2021年6月1日からは原則としてすべての食品事業者がHACCPに沿った衛生管理に取り組まなければなりません。
まず、インスティチューショナル事業部 トレーニング シニアトレーナー 田島 勝久から、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理で最初に取り組むこととなる、全ての工程における一般的衛生管理・特定の工程における重要管理の管理計画の策定と、実施記録の作成・運用のレクチャーが行われました。

[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1673/48065/600_337_2021060313414360b85d877eb71.png

[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1673/48065/600_337_2021060313415160b85d8f16e01.png

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理では、衛生管理を「見える化」することが最も重要となります。特に実施記録は、万が一事故などが発生した際に衛生管理を適切に実行していたことを示す証拠にもなるほか、記録を検証することで事故の未然防止や業務改善、クレームの減少に役立てることもできるため、適切な運用が求められます。

エコラボが提供する幅広いプログラムで、HACCP制度化を包括的にサポート
インスティチューショナル事業部 マーケティングマネジャー 諏訪部 光平からは、エコラボのHACCPプログラムに関する説明がありました。エコラボでは、お客さまがHACCP制度化に対してどのような対応状況であっても支援できる幅広いプログラムを提供しており、衛生管理の計画から実施、また記録・保管から継続までのトータルサポートが可能です。

[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/1673/48065/600_337_2021060313424960b85dc9d5381.png

管理計画書・実施記録表のスターターキットの無償提供に加え、実施に関しては食材の納入から料理を提供するまでの工程を「HACCP5」として、「従業員の衛生管理」、「フロア」、「調理器具・施設」、「食器」、「ゲストエリア」の5つに分類し、それぞれの領域に適したプログラムを提供しています。

食品衛生管理クラウドサービス「あんしんHACCP」で、より効率的な衛生管理を実現
続いて、楽天コミュニケーションズ株式会社 コネクテッドソリューションビジネス部 事業企画グループ 岡田 隼氏より、エコラボと楽天コミュニケーションズが協働で2021年4月より提供を開始した食品衛生管理クラウドサービス「あんしんHACCP」 が紹介されました。(参考:https://digitalpr.jp/r/47346


[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/1673/48065/600_337_2021060313435960b85e0f1ea19.png

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理においては、計画・記録の紙文書での管理に苦労するという声が多く寄せられていました。この「あんしんHACCP」を利用することによって、PC・モバイルアプリを通じた一元管理が可能となり、衛生管理を効率化できるだけでなく、従来課題となっていたペーパーレス化にも貢献することができます。

「あんしんHACCP」に関するお問い合わせ
エコラボ合同会社 インスティチューショナル事業部
フォームによるお問い合わせ:http://bit.ly/Contact-HACCP
電話:03-4236-6817(受付時間:9:00-17:00)

HACCP制度化をより高めるためのサポートや、より専門的な検査サービスも充実
インスティチューショナル事業部 フードセーフティプログラム マネジャー 影山 智樹からは、食品衛生プログラム「エコシュア トレーニング&サービス」に関する説明がありました。エコシュアの有償サポートにより、管理計画書や衛生管理マニュアル(手順書)の作成支援、エコラボのエキスパートによるウェビナーまたは派遣での従業員トレーニングが実施可能です。

[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/1673/48065/600_337_2021060313440460b85e144f81a.png

また、HACCP制度化をより高めたい、第三者認証を取得したいという場合は、HACCPチームの立ち上げからシステム運用のオーディットに至るまでのコンサルティングもエコラボが行います。その他にも、より専門的なサービスとして、重要管理が必要な食材と消費日期限の安全性を科学的に検証する食品微生物検査や、異物混入物同定検査、食品栄養分析検査なども必要に応じて実施することができます。エコラボでは、これらのトータルサポートですべてのお客さまのHACCP制度化を支援します。

エコラボについて
エコラボは、300万カ所に及ぶお客さまの現場で信頼されるパートナーとして、水、衛生、感染防止のソリューションとサービスのグローバルリーダーです。世界170カ国以上において食品、ヘルスケア、ホスピタリティ、産業分野のお客さまに、食品安全の促進、清潔で安全な環境の維持、水・エネルギー使用の最適化、オペレーション効率とサステナビリティの向上のための包括的ソリューション、データ活用によるインサイト、個々に適したサービスを提供しています。年間の売上高は120億ドル、従業員数は約44,000人です。
詳しくは https://www.ecolab.com/
をご覧ください。

Twitter(https://twitter.com/Ecolab

Facebook(https://www.facebook.com/ecolab

LinkedIn(https://jp.linkedin.com/company/ecolab

Instagram(https://www.instagram.com/ecolab_inc/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る