旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

恵泉女学園大学 「THEインパクトランキング2021」''SDGs17項目中9項目''でランクインを遂げる大躍進 -- 全国女子大では単独1位に

2021年05月29日08時05分 / 提供:Digital PR Platform

4月21日に発表された「THEインパクトランキング2021」では昨年に続き、恵泉女学園大学もエントリー。総合得点ランキング6位(全国私大5位)、女子大内では単独1位にランクインしました。

 イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE:ティー・エイチ・イー)」で4月21日、「THEインパクトランキング2021」が発表されました。大学の社会貢献の取り組みを国連のSDGsの枠組みを使って可視化するランキングの3回目となります。
 日本からは過去最多の85校が参加。総合ランキングの対象となった1,117校のうち75校が日本の大学で、THEは「持続可能で公正な世界へのコミットメントを示すため、日本の大学が立ち上がっていることが証明された」とコメントしました。
 各大学はSDGs17項目中、必須となるSDG17を含む最低4項目以上にエントリーし、その中で上位4項目の得点が総合ランキングに反映されますが、恵泉女学園大学は今年、9領域でエントリーしました(昨年7領域)。

▼THEインパクトランキング2021
 https://www.timeshighereducation.com/impactrankings#!/page/0/length/25/sort_by/rank/sort_order/asc/cols/undefined

 恵泉女学園大学の結果(国内)は次の通りです。

・SDG4(質の高い教育)⇒2位グループ(昨年1位タイ)
・SDG5(ジェンダー平等)⇒2位グループ(昨年1位)
・SDG10(人や国の不平等をなくす)⇒4位グループ
・SDG11(住み続けられる街づくり)⇒5位グループ
・SDG12(つくる責任 使う責任)⇒7位グループ(昨年33位グループ)
・SDG13(気候変動に具体的対策)⇒5位グループ
・SDG15(陸の豊かさを守る)⇒6位グループ(昨年23位グループ)
・SDG16(平和と公正をすべての人に)⇒5位グループ(昨年22位グループ)
・SDG17(パートナ―シップで目標達成)⇒7位グループ(昨年36位グループ)
・総合得点ランキング⇒6位グループ(昨年8位グループ)

 SDG4・SDG5は昨年の1位から一つランクを落としましたが、他の領域では昨年を大きく上回る躍進を遂げました。
 このランキングは、高校生が進路を考える際に、世界の課題の中から「自分のテーマ」を見つける有益な指標とされています。

 恵泉女学園大学では、FDSD研修会を通じて、2016年から取り組んでいる「生涯就業力」の中のSDGsが意識されるようになり、それをCSV(Creating Shared Value)活動の一環として位置付けられてきました。これらCSV活動を通して、学生や教職員がSDGsを自分ごととして取り組み、それらの関係をどのように可視化し、活用すべきかを繰り返し議論をしてきた成果が、今回のランキングに反映されたものだと考えています。

恵泉女学園大学HP
 https://www.keisen.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
学長室
住所:206-8586 多摩市南野2-10-1
TEL:042-376-8211
FAX:042-376-8218
メール:shomuka@keisen.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る