旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「お笑い」でSDGsを達成しよう! 横浜市大 × お笑い芸人のコラボレーションによる大学院授業

2021年05月21日10時00分 / 提供:Digital PR Platform

 横浜市立大学 大学院都市社会文化研究科*1では、吉本興業に所属する現役お笑い芸人の講師を招き、楽しくSDGsを達成するためのアクティブ・ラーニング・プログラムを実施します。
 講義では「お笑い」をテーマとし、多くの人を巻き込む可能性のあるSDGsの達成プランを考えるというコンセプトのもと、楽しくSDGsのターゲットに寄与する事業を考えるグループワークを行います。現役お笑い芸人の講師が、「お笑い」の社会的意義と、国によって異なる「お笑い」の文化的特性を解説することによる異文化理解を図りつつ、SDGsの達成に向けて、受講生が具体的に考える視点を持つように促します。

【講義の概要】
タイトル : 「お笑いでSDGsを達成しよう!」
講  師 : マヌー島岡氏、シラちゃん氏(フランポネ)*2、藤田ゆみ氏*3
授 業 名 : 大学院 都市社会文化研究科 「総合研究科目4(SDGsの基礎と実践)」
担当教員 : 影山摩子弥 教授*4
授業日時 : 2021年5月29日(土) 10:30 ~ 12:00
場  所 : 横浜市立大学 みなとみらいサテライトキャンパス
     横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号 横浜ランドマークタワー7階
     https://www.yokohama-cu.ac.jp/access/satellite_campusmap.html
受 講 者 : 都市社会文化研究科 博士前期課程学生(一般の方には公開されません)

【当日のプログラム】
<第1部>
・ 本日の趣旨説明
・ 講師の自己紹介&活動報告
<第2部>60分
・ グループワーク
(1)「お笑い」をキータームに、SDGsのターゲットに対応する事業を考える
(2)そのターゲットにどのような貢献ができるかを整理する
(3)グループ発表
(4)コメント

<参考>
 *1 大学院 都市社会文化研究科
都市社会文化研究科では、SDGsについて学ぶ専用のプログラム「持続可能な地域社会プログラム」を立ち上げるとともに、専任教員の授業をSDGsのゴールに紐づけた一覧表を作成し、学生にとって授業とSDGsとの関連がわかるようにしているなど、SDGsのアプローチで都市課題を解決する研究・教育を積極的に行っている。

 *2 フランポネ
NSC東京24期生、日本で唯一フランス語で漫才ができる国際夫婦漫才コンビ。
マヌー島岡氏は、元商社マンであり、ベルギーの大学院卒、5ヶ国語(英・仏・西・伊・蘭)が堪能。
シラちゃん氏はスイス人(ジュネーブ出身)で、母国語はフランス語。  
「漫才で覚える英語!」のプログラムを様々な大学や地域で開催するなど、「お笑い」を通じた社会貢献で注目を浴びている。吉本興業所属。

 *3 藤田ゆみ氏
吉本興業所属のスペイン語大好き芸人。フランポネのシラちゃん氏と「しらゆみ」というお笑いコンビを組み、日本語学校で漫才を行う。
吉本興業で唯一「スペイン語で漫才ができる芸人」を目指している。

*4 影山摩子弥 教授(都市社会文化研究科)
1989年 横浜市立大学商学部専任講師、助教授(1990年)、教授(2001年)を経て、2005年より国際総合科学部(現国際教養学部)教授。経済システム論、経済原論を専門とし、CSRに関する実証的な研究を行う傍ら、企業等からの相談にも対応している。

本件に関するお問合わせ先
横浜市立大学 広報課
E-mail:koho@yokohama-cu.ac.jp

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る