旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

コロナ禍で人脈作りに利用するSNSは「Facebook」と「Linkedin」!
経営者・幹部層は「71.4%がFacebook」、課長・部長クラスは「69.2%がLinkedin」を利用

2021年02月16日07時00分 / 提供:Digital PR Platform

コロナ禍で人脈作りが「やりにくくなった」と感じている人は全体の「53.8%」
■40代、50代の「55.2%」が、人脈作りに「オンラインサロン」を利用してみたい

エグゼクティブ向けの転職・キャリア支援サービスを展開する株式会社 経営者JP(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長・CEO 井上和幸)は、日ごろお付き合いのあるエグゼクティブ男女約2,000 名(有効回答数93名)を対象に、「ウィズ・コロナの人脈づくり」事情について調査いたしました。

<主な調査結果>

■エグゼクティブはFacebook派、課長部長クラスはLinkedin派。コロナ禍で経営者・幹部層が人脈作りで使うSNSはFacebookが「71.4%」、課長・部長クラスはLinkedinで「69.2%」が利用しているという結果に。
コロナ禍で人脈作りが「やりにくくなった」と感じている人は全体の「53.8%」。
■人脈作りの目的は「69.6%」が「友人ネットワーク形成」のため。
■オンラインに慣れ、メリットを感じつつも、人脈作りは「対面派」が「71.9%」という結果に。
■40代、50代の「55.2%」が、ウィズコロナ時代の人脈作りに「オンラインサロン」を利用してみたい。

>>詳細のデータはこちらからご覧ください 
https://bit.ly/2NszTnW

<<アンケート調査DATA>>

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/700_206_20210215162829602a229d81d93.JPG

コロナ禍で会いたい人に思うように会えない状況が続いています。そんな中、エグゼクティブはどのように人脈作りをされているのでしょう。このたび経営者JPでは、エグゼクティブの「ウィズコロナの人脈づくり」事情をリサーチいたしました。

コロナ禍で経営者・幹部層が人脈作りで使うSNSは「Facebook」が最も多く「71.4%」。一方、課長・部長クラスは「Linkedin」が多く「69.2%」という結果になりました。エグゼクティブはFacebook派、課長部長クラスはLinkedin派ということがわかります。

■この1年のコロナ禍で人脈作りが「やりにくくなった」と感じている人は全体で「53.8%」。過半数が「やりづらさ」を感じている一方で、「16.1%」の方はオンラインツールを駆使するなどして「やりやすくなった」と回答しています。

■人脈作りの目的は「友人ネットワーク形成」が最も多く「69.6%」でした。

■人脈作りは「対面派」が「71.9%」、オンライン派は「28.1%」という結果に。

・40代、50代のうち、過半数の「55.2%」が、ウィズコロナ時代の人脈作りに「オンラインサロン」を使用してみたいという結果に。

コロナ禍になり1年。オンラインツールを使用して「飛躍的に友人が増えた」「オフラインでは繋がれない業種の人と繋がることができた」という声も。

~経営者JP総研所長(経営者JP 代表取締役)井上和幸のコメント~

新型コロナのパンデミックは、私たちの人間関係のあり方や出逢いについても大きく変容をもたらしました。

エグゼクティブ各位の人脈づくりについて今回、伺って見ましたが、オンラインを積極的に活用する姿が見えつつも、やはり本来は対面だよねという本音(人脈作りは「対面派」が「71.9%」)も垣間見えた印象です。なかなか興味深い結果も色々と見えましたね。

経営者・経営幹部はFacebook派、課長部長クラスはLinkedin派。40代、50代のうち過半数の「55.2%」が人脈作りに「オンラインサロン」を使用してみたいという結果に。彼らをマーケティングしようとお考えの方には、ターゲットごとにSNSの場合使い分けが効果的そうですよ。エグゼクティブの約7割(69.6%)が人脈づくりの目的を「友人ネットワーク形成」としています。

経営者や幹部各位だって、まだまだ友人を作りたい、増やしたいのです!

<<詳細>>
※画像が荒くなっておりますため、詳細のデータはこちらからご覧ください。 
https://bit.ly/2NszTnW

■電話やメールはもう古い!? コロナ禍で人脈作りに利用するSNSは「Facebook」と「Linkedin」
経営者・幹部層は「71.4がFacebook」、課長・部長クラスは「69.2がLinkedin」を利用

[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/700_382_20210215162848602a22b0ebbd6.JPG

コロナ禍で人脈作りが「やりにくくなった」と感じている人は全体の「53.8%」
人脈作りの目的は「69.6%」が「友人ネットワーク形成」のため

[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/700_343_20210215162856602a22b81e09f.JPG

■人脈作りは「対面派」が「71.9%」。「人間力は対面でないと伝えられない」という声が上がる一方で、オンライン派も「28.1%」という結果に。

人脈作りは「対面派」が「71.9%」。人脈作りでは、「対面でしか伝わらない熱量を重視したい」という声がありまし
た。一方「オンライン派」は「28.1%」おり、場所や時間に縛られない自由な点が使用しやすいという声がありました。

[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/700_412_20210215162902602a22be0fad0.JPG

■40代、50代のうち、過半数の「55.2%」が、ウィズコロナ時代の人脈作りに「オンラインサロン」を利用してみたいという結果に。

[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/700_235_20210215162907602a22c3ec318.JPG

コロナ禍になり1年。オンラインツールを使用して「飛躍的に友人が増えた」「オフラインでは繋がれない業種の人と繋がることができた」という声も。

[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/700_354_20210215162913602a22c9a2f6b.JPG

[画像7]https://user.pr-automation.jp/simg/1271/45170/600_262_20210215162918602a22ceb3169.JPG

株式会社 経営者JPについて
弊社は、明日の日本を担う志高き経営者・リーダーを育成・輩出するための「集い、学び、執行する最高の場」を提供すべく4事業を展開しております。

エグゼクティブサーチ事業(経営層特化の人材紹介)/コンサルティング事業(組織・人材・経営コンサルティング、講師・顧問派遣、EQコンサルティングサービス)/セミナー事業(経営者・リーダー対象セミナーの主催)/会員事業(志高きリーダーの会員組織の主催運営、コンテンツ提供・物販)

本件に関するお問合わせ先
株式会社経営者JP広報担当鈴木・野口
info@keieisha.jp

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る