旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

2021年ユニクロがルーヴル美術館とパートナーシップを締結

2021年01月29日09時30分 / 提供:Digital PR Platform

LifeWearの理念に基づき、人々の暮らしを豊かに彩るアートの普及に貢献します

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/593/44803/700_116_202101282150596012b33396deb.png

ユニクロは2021年より、パリのルーヴル美術館と4年にわたるパートナーシップ契約を結びます。歴史的アートの素晴らしさを世界中の人に伝えたいというルーヴル美術館とユニクロの共通の願いを実現するため、無料入館プログラムやルーヴル美術館の所蔵品をモチーフにしたコラボレーション商品の発売など、アートに触れる様々な機会を提供していきます。

今春よりユニクロは二つのプログラムをスポンサーします。「フリー・サタデー・ナイト」はルーヴル美術館が2019年1月より実施し、一年間で約160,000人を動員した無料入館プログラムです。通常、午後6時までの開館時間を毎月第一土曜日は午後9時45分まで延長し、ルーヴルを構成する3つの翼―「シュリー翼」「ドゥノン翼」「リシュリュー翼」―を開放。作品鑑賞はもちろん、かつては王宮だった壮大な建築を夜の落ち着いた雰囲気で堪能することができます。また、主に家族連れを対象にした教育プログラム「ミニ・ディスカバリー・ツアー」もユニクロが支援します。2020年7月にスタートした本プログラムは、毎週水曜と土日に、館内の各拠点で実施される20分のミニツアー。専任のスタッフが、子どもやアートに馴染みがない訪問者に新しい視点で展示作品を紹介します。いずれも、アートを身近に感じていただける特別な機会となっています。

また、パートナーシップの一環として2月5日(マーケットにより異なる)にはユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」からコラボレーション商品「ルーヴル美術館コレクション」第一弾を発売します。メンズのコレクションを手掛けたのはイギリスを代表するグラフィックアーティスト、ピーター・サヴィル氏。ルーヴルの所蔵品につけられた「目録番号」に注目し、洗練された美しいグラフィックに仕上げました。一方、UTオリジナルデザインで展開するウィメンズは様々な「女性の姿」を描いた作品にフォーカスし、「Diversity(多様性)」をコンセプトにデザインしています。「モナ・リザ」を始めとする歴史的名作をUTならではの解釈で表現した、唯一無二のコレクションになりました。今後、2024年までの間に、UTから継続的にコラボレーションコレクションを発売していきます。

「私の長年の夢であったルーヴル美術館とのパートナーシップを結ぶことができ、心より嬉しく思います。ユニクロは服を通してあらゆる人の生活をより豊かにするというLifeWearの理念に基づき、暮らしに彩りを添えるアートの普及にも尽力してまいりました。このパートナーシップが歴史的アート作品の素晴らしさを一人でも多くの方にお届けする一助となれば幸いです。」

ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井 正

■ルーヴル美術館パートナーシップ スペシャルサイト
パートナーシップの詳細を公開した特設サイト。
ルーヴル美術館職員のインタビュー映像やピーター・サヴィルのコメントを紹介した動画などをご覧いただけます。
https://www.uniqlo.com/louvre-x-uniqlo/

■ルーヴル美術館について
12世紀後半に要塞として建てられた王宮が、1793年に国立美術館として生まれ変わり、開館されたルーヴル美術館。8世紀以上にわたってフランスの歴史の中心に位置づけられてきた、世界で最も来場者の多い美術館です。訪れた人々は、9,000年の歴史と5つの大陸を網羅した35,000点を超える世界最高の芸術作品と出合うことができます。

■ユニクロのアートへの取り組みについて
ユニクロはこれまでにニューヨーク近代美術館(MoMA)やロンドンのテート・モダンなど、世界を代表する美術館とパートナーシップを結んでいます。入館無料プログラム、コラボレーション商品の発売、イベントの企画などを通じ、より多くの人にアートへの理解を深めていただきたいというのがユニクロの願いです。

2013年5月~現在ニューヨーク近代美術館(MoMA)とのパートナーシップ締結
2016年3月~2020年12月ロンドンの国立近代美術館、テート・モダンとのパートナーシップ締結
2017年9月~現在ボストン美術館(MFA)とのパートナーシップ締結
2018年3月~現在バルセロナ現代美術館(MACBA)とのパートナーシップ締結

■「UT」について
2007年にユニクロのグラフィックTシャツブランドとしてスタートしたUT。以来、UTはユニクロならではのメディアとして、アートや映画、音楽、マンガなど世界中のあらゆるカルチャーをキュレーションし、グラフィックTシャツの枠を超えてリリースしてきました。"WEARYOUR WORLD"をキーワードに掲げ、今後も世界中のカルチャーやその背景にあるストーリーをアピールするとともに、人それぞれの個性を自由に表現するためのLifeWearとして発信し続けます。

■フランスにおけるユニクロ店舗数
ユニクロは2007年12月、パリ郊外にあるラ・デファンス地区に第一号店をオープンしました。2009年10月にはニューヨーク、ロンドンに続く世界で3番目のグローバル旗艦店、「パリ オペラ店」をオープン。以降、ボルドー、リール、リヨンやマルセイユなどにも出店し、現在22店舗を展開しています。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る