旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Alliance Materials、ホルムアルデヒドフリー製品で世界をつなぐ

2020年12月21日17時47分 / 提供:Digital PR Platform

台北、台湾 - Media Outreach - 2020年12月21日 - 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大する中、人と自然の友好的なインタラクションがこれまで以上に重要になっています。人々の健康やグリーン・サーキュラー・エコノミーの上昇傾向を踏まえ、2018年に設立したAlliance Materials Technology は、主としてホルムアルデヒドフリーで毒性のない、環境に優しい生体材料の研究開発と製造に生産に焦点を当てています。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1984/44127/300_400_202012211715205fe059980c73b.JPG

Ecohere(TM )NAF接着剤の調合

WHOが公表しているように、ホルムアルデヒドはグループ1の発がん性物質に分類されており、従来から建設現場で一般的に使用されている接着剤に含まれています。Alliance Materialsは何度も実験を重ねた末、ついに安全で毒性のないNAF 接着剤Ecohere(TM)の開発に成功しました。Ecohere(TM) NAF 接着剤は原料として入手しやすく天然のものが幅広く手に入るセルロースを使用しています。大豆をベースにした既存のNAF接着剤に比べて、一般の人々の食料資源とに支障をきたすことはありません。この製品はすでに台湾をはじめ米国、日本、中国などの特許を取得しており、木製家具、無垢材の床、竹製のパネルその他の木材製品に適用することができます。

Alliance MaterialsのCEO、トニー・チェン(Tony Chen)は次のように述べています。「Ecohere(TM) NAF接着剤は前駆体として無毒な生体材料を使用しており、ホルムアルデヒドフリーを実現しています。この接着剤を使用した製品や建材は、米国のホルムアルデヒド(NAF)規制や米国環境保護庁の有害物質規制法(TSCA)タイトルVlの木材製品の厳格なホルムアルデヒド排出基準を満たすことができます。」つまり、当該の木材製品のリサイクルや再利用するために無毒化する必要は一切なく、サーキュラー・エコノミーの目標を達成することができるということです。接着剤と木製材料とは架橋構造で化学結合するため、容易にはがれることはありません。接着剤は強力な耐久性を持つだけでなく、最も厳格な耐水性試験にも合格しています。曲面製品に使用しても均一性と耐久性に優れているために反りや剥離の問題が生じることがなく、実用性と環境保護との完全なバランスを示します。

地球への配慮は私たち自身への配慮でもあります。毒性がなく環境に優しい製品はすでに世界のトレンドであり、Alliance Materialsのミッションは今後も発展し続けます。

本件に関するお問合わせ先
Tony Chen
Email: tony@alliance-materials.com

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る