旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本発の革新的触媒技術「MA-T」の応用技術開発促進に向け
「一般社団法人 日本MA-T工業会」を設立
~情報発信、安全な規格基準等のルール策定により普及をサポート~

2020年12月01日13時15分 / 提供:Digital PR Platform

 日本発の技術であり、革新的な触媒技術である「MA-T(エムエーティー: Matching Transformation System)」の今後の応用技術開発を後押しするとともに、その産業創造による経済効果や社会問題解決の可能性を探るべく、一般社団法人 日本MA-T工業会(事務局:東京都千代田区、代表理事:川端克宜)を設立いたします。

                  [画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1686/43522/200_170_202011302015245fc4d44c30339.jpg

                           日本MA-T工業会のロゴマーク

■背景
 革新的な酸化制御技術である「MA-T」は、有機化合物に対し優れた分解・組換能力を持っています。MA-Tを用いた、環境・エネルギー、ライフサイエンス、健康・医療、除菌・消臭など様々な分野における産官学によるオープンイノベーションは、日本をはじめ世界に影響をもたらすことが期待されています。政府が推し進める「国土強靭化」推進本部への提言を行う一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」も、MA-Tが持つポテンシャルの高さに着目し、2020年9月28日、「MA-T産業創造戦略会議」を設立しています。

 なかでも、除菌・消臭分野でのMA-Tの活用は、ここ数年間で社会実装に向け大きく前進しました。除菌・消臭剤としてのMA-Tは、画期的な触媒技術により、通常はほぼ水に近い状態でありながら、反応すべきウイルスや菌が存在する時だけ姿を変えて攻撃・分解するメカニズムを持っています。強い<除菌力>と共に、可燃性がないことや保存性が高いことなどの<安全性>を両立させた革新的な除菌剤として、すでに航空機や空港、ホテル、防衛施設などに導入されています。さらに、アース製薬の参入などにより、製造コストの低減や供給量の増大も見込まれ、アルコールや次亜塩素酸等の代替への可能性が注目されています。
世界規模で感染症対策が喫緊の課題となっている今、MA-Tの規格基準と運営ルールを策定し、正しい普及の取り組みを推進するために、当法人を設立しました。世界における感染症の抑制に寄与すべく、そのための基盤を提供してまいります。

■法人の目的

 ●MA-T認知拡大と正しい活用方法公開

 ●MA-T活用のプラットホーム構築

 ●オープンイノベーションの推進による科学技術の向上

 ●MA-T産業の創造

 ●MA-T製品の公開(メーカーおよび製品)

 ●MA-Tの有効性開示

 ●悪質業者の排除

 ●工業会として各省庁への提言(MA-T産業の創造)

■主な運営内容
 ●MA-Tに関する調査、研究
 ●MA-Tの認知拡大による価値向上
 ●MA-T認証制度の委託
 ●MA-Tに関する情報発信(含む MA-T製品の表示)

■会員企業(38社、五十音順、2020年11月28日時点)

 ●アース環境サービス株式会社

 ●アース製薬株式会社

 ●株式会社アイテックシステム

 ●アズワン株式会社

 ●株式会社アプリコット

 ●株式会社EPARK

 ●株式会社いけうち

 ●株式会社エスオーシー

 ●株式会社エスケーエレクトロニクス

 ●株式会社エースネット

 ●エーツーケア株式会社

 ●大塚テクノ株式会社

 ●大塚電子株式会社

 ●コンビ株式会社

 ●シグマ紙業株式会社

 ●株式会社創建

 ●TANAC 株式会社

 ●株式会社ダイゾー

 ●帝人フロンティア株式会社

 ●株式会社デンソーソリューション

 ●東亜商事株式会社

 ●株式会社東京マツシマ

 ●株式会社dotAqua

 ●トラスコ中山株式会社

 ●日本カーリット株式会社

 ●日本電子株式会社

 ●株式会社バスクリン

 ●ブラザー工業株式会社

 ●丸紅株式会社

 ●株式会社マンダム

 ●三井化学株式会社

 ●三菱商事株式会社

 ●ヤマト科学株式会社

 ●山仁薬品株式会社

 ●株式会社リミックスポイント

 ●株式会社リリアム大塚

■法人の概要
名称  :一般社団法人 日本MA-T工業会
所在地 :東京都千代田区麹町3丁目7-10 浅野ビル本館 4F
代表理事:川端克宜(アース製薬株式会社 代表取締役社長)
設立  :2020年11月2日
URL  :https://matjapan.jp/

本件に関するお問合わせ先
PR事務局(株式会社プラップジャパン)
担当:福島、戸張、藤田、城島 TEL:03-4580-9107 MAIL:earth-kouhoubu@prap.co.jp

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る