旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本工業大学の学生による「VR太陽の塔」-- 今年は巨大地下空間も再現し11/21(土)~1/24(日)に岡本太郎美術館とインターネットで公開

2020年11月07日08時05分 / 提供:Digital PR Platform

日本工業大学埼玉県宮代町)情報工学科、情報メディア工学科の学生が制作しているVRコンテンツ「甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔Ver3」が川崎市岡本太郎美術館とインターネット上で、11月21日(土)~2021年1月24日(日)の期間公開されます。

 日本工業大学ではこれまで、川崎市岡本太郎美術館からの依頼で1970年大阪万博の「太陽の塔」をVRミュージアム「甦れ!VR太陽の塔」として再現してきました。2018年のVer1では塔の外観と内部を再現し、2019年のVer2では画像の改良に加え、解説ナレーションや大阪万博当時と同じBGMを流すなどバージョンアップを行いました。今回のVer3では「太陽の塔の外観」「塔内部の生命の樹」に加えて、太陽の塔の大きな「地下空間」も再現しました。「いのち」「ひと」「いのり」の3つの部屋を持つ空間で、岡本太郎の壮大なイマジネーションが具現化されています。今年は情報工学科大山研究室の4年生3名が卒業研究として取り組み、鮮やかなコンピュータグラフィックスを制作しました。
 2018年、2019年は岡本太郎美術館の会場でVRコンテンツを展示し、累計で3,527名の方々に「VR太陽の塔」を体験していただきました。今年は新型コロナウイルス対策のため、お客さまがヘッドマウントディスプレイを装着してVR体験をすることはできませんが、11月21日(土)から1月24日(日)まで、岡本太郎美術館内の大型ディスプレイで映像として公開され、インターネット上の「360度動画」としても一般公開されます。この動画には岡本太郎美術館のWEBサイトのトップページからリンクが貼られ、日本工業大学のWEBサイトからもリンクが貼られる予定です。
 公開されましたら、ぜひ360度動画や美術館会場で「VR太陽の塔」の映像をご体験ください。

【概 要】
展示期間:2020年11月21日(土)~2021年1月24日(日)
展示場所:川崎市岡本太郎美術館大型ディスプレイ、インターネット上(岡本太郎美術館WEBサイト、日本工業大学WEBサイト)
展示内容:「太陽の塔の外観」「塔内部の生命の樹」「地下空間」のVR動画

日本工業大学
https://www.nit.ac.jp/

川崎市岡本太郎美術館
https://www.taromuseum.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
日本工業大学 企画広報室
住所:〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
TEL:0480-33-7519
メール:kouhou@nit.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る