旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

中枢神経原発悪性リンパ腫PCNSLの原因と進行のメカニズムおよび治療標的分子の解明

2020年10月19日11時00分 / 提供:Digital PR Platform

 横浜市立大学学術院医学群 脳神経外科学 立石健祐助教、三宅勇平助教、山本哲哉教授、国立がん研究センター 細胞情報学分野 河津正人ユニット長、間野博行分野長、脳腫瘍連携研究分野 市村幸一分野長らの研究グループは、独自に樹立したヒト由来脳腫瘍マウスモデル(PDXモデル)を通じて、中枢神経原発悪性リンパ腫(PCNSL)の腫瘍形成・進展機序の解明とともに、標的となる分子機構を明らかにしました。今回樹立したPCNSLのPDXモデルは生体における治療反応性を高いレベルで再現できることから、同モデルを用いることで今後の新規治療法開発の進展が期待されます。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る