旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「日本橋高島屋S.C.」隣接街区でオフィスビルの新規開発を推進

2020年10月13日15時00分 / 提供:Digital PR Platform

東神開発として初めてのオフィスビル開発、2021年12月竣工予定~

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1134/42126/200_209_202010121502325f83f178a40b3.jpg
株式会社高島屋(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:村田善郎、以下「高島屋」)の連結子会社である東神開発株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:倉本真祐、以下「東神開発」)は、「日本橋高島屋S.C.」隣接街区において、オフィスビル「日本橋三丁目スクエア」の新規開発を推進しています。このオフィスビル開発を通じ、グループ総合戦略「まちづくり」における“街のアンカー”としての役割を更に深化させてまいります。

 「日本橋三丁目スクエア」は、公共に開放された屋外アプローチ空間の確保や、オフィスワーカーサポート機能(カフェ、コンビニ等)を備えることにより、快適なオフィス空間を創出します。また、環境負荷低減性能の確保を基本とし、施設を再生可能エネルギー由来の電力100%で運用する他、1階共用部については、照明器具に対する太陽光発電設備による電力供給や地中熱の利用による空調の運転を行うなど、サステナブルな環境の為の取り組みを行います。

東神開発は、これまで同様、魅力ある商業施設開発を進める一方、街の付加価値を更に高める「オフィス機能」や「レジデンス機能」の開発にも取り組み、高島屋グループならではのまちづくりを進めてまいります。

■「日本橋三丁目スクエア」概要
所 在 地 :東京都中央区日本橋三丁目9番1号他(地番)
アクセス:東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線「日本橋」徒歩2分、JR「東京」駅徒歩7分
敷地面積:1,389.83m2(420.42坪)
建築面積:1,111.37m2(336.18坪)
延床面積:14,138.49m2(4,276.89坪)
規 模 :地下1階、地上12階、塔屋1階
構 造 :地上:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造
     地下:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
建築主  : 東神開発株式会社
設計者  : 株式会社NTTファシリティーズ 一級建築士事務所
施工者  : 株式会社フジタ
着 工  : 2020年2月 
竣 工  : 2021年12月末(予定)
[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1134/42126/200_200_202010121653215f840b71e1379.jpg

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る