旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

帝京平成大学の児玉浩子特任教授が代表者として作成した「亜鉛欠乏症の診療ガイドライン」がInternational Journal of Molecular Sciencesに掲載

2020年09月28日14時05分 / 提供:Digital PR Platform

帝京平成大学児玉浩子特任教授が代表者として作成した「亜鉛欠乏症の診療ガイドライン」が、このたび『International Journal of Molecular Sciences』 (IJMS、インパクトファクトー4.556)に掲載された。これは、日本臨床栄養学会承認の「亜鉛欠乏症の診療指針2018」(執筆者:児玉浩子ら)のポイントを紹介したもので、国際的に承認された亜鉛欠乏症の診療ガイドラインとしては2つめ。今後、亜鉛欠乏症の啓発に役立てられることが期待される。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る