旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

EAGが新しいラボにより医療機器試験サービスを拡大

2021年05月10日18時30分 / 提供:ビジネスワイヤ

米カリフォルニア州サニーベール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- EAGラボラトリーズは、ミズーリ州セントルイスに2万平方フィートのラボを新設し、医療機器試験の能力を拡大しています。 新しいラボは、医療機器業界の要求を支えるべく特別に設計したものです。これによりEAGの分析能力が向上し、試験の所要時間を短縮するとともに、FDAさらにはEUの医療機器規則(MDR)の発展的な要求に応えることができます。 このラボの特長は下記の通りです。 粒子を分離・識別できるように設計したクリーンルーム 医療機器用ポリマーの専用分析ラボ 医療機器と組み合わせ製品を対象とするISO 10993-18プログラムの生体適合性試験をサポートする最先端機器 EAGの科学者は、半世紀以上にわたり製品の不具合の究明と解決に当たっており、材料や試験手続きについて深い理解を持っています。今回の医療機器ラボの拡大により、EAGはこうした知識を活用し、極めて重要な成長中の医療機器業界を支えるために適用できます。 セントルイスのラボは、ISO 9001:2015とISO 17025の認証を受けており

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る