旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

世界的なカタストロフィー・モデルのリーダー企業のRMSが初の気候変動モデルを発表し、新たなリスク洞察を可能に

2021年05月07日18時39分 / 提供:ビジネスワイヤ

米カリフォルニア州ニューアーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界をリードするカタストロフィー・リスク・モデリングおよびソリューション企業のRMSは、当社の新しい気候変動モデルから、現在のエクスポージャーに基づくと北大西洋ハリケーンの風による保険対象平均年間損失(AAL)は2050年までに最大24%増加し*、欧州の洪水リスクのAALは2050年までに最大59%増加する可能性がある**ことを明らかにしました。これは、対策が何も取られないことを前提とした推定です。 新しいRMS気候変動モデルは、RMSの財務影響モデリングの枠組を、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)を含む最良の気候科学的コンセンサスと組み合わせたものです。このモデルは2021年6月に一般提供され、北大西洋のハリケーン、欧州の内陸洪水、欧州の暴風について最も包括的な気候変動に関する洞察を提供します。各モデルは、可能性としての可変的な気候変動シナリオ(代表的濃度経路:RCP)、さまざまな時間軸、特定の地域における緊急の物理的リスクの影響を定量化し識別します。これにより組織は、住宅・商業施設

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る