旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

パンデミック費用の50%近くは先進国が負うことが世界政府サミット報告書で明らかに

2021年05月07日18時22分 / 提供:ビジネスワイヤ

アラブ首長国連邦ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界政府サミット機構(WGS)が発表した重要な報告書は、5つの重点分野で21個の重要な優先事項を取り上げ、COVID-19後の復興に取り組む政府に方向性を示す情報源となっています。 報告書によれば、COVID-19危機のコストの約半分を富裕国が負担し、その額は2021年には3兆8000億ドルに達する可能性があります。それは、先進国が全国民にワクチンを接種して、発展途上国の接種率が50%に達したとしてもです。 報告書によれば、メンタルヘルス・ウェルネス、気候変動、女性のエンパワメントが中心的な懸念事項であり、政府が総合的かつ積極的な方法で再建しなければ、こうした懸念事項は深刻化します。 アラブ首長国連邦(UAE)内閣担当大臣で世界政府サミット機構会長のムハンマド・アブドゥラ・アル・ゲルガウィ閣下は、次のように述べています。「2020年は、大きな混乱の年として歴史に記憶されるでしょう。世界がウイルスの獰猛さに対して準備ができていなかったことは嘆かわしいことでしたが、2021年は人類の未来を決定づけ、社会

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る