旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

 Confluent、勝俣正起をエリア バイス プレジデント兼日本カントリーマネージャーに迎えて、日本での事業を開始

2021年04月15日09時00分 / 提供:ビジネスワイヤ

日本、東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 動き続けるデータ(Data in motion)を活用するプラットフォームを構築するConfluent, Inc.は、本日、勝俣正起を日本カントリーマネージャーに迎えて、日本での事業を開始することを発表しました。日本のあらゆる組織が迅速かつ容易に、動き続けるデータ(Data in motion)を企業の中核に据えることができるように、Confluentの現地事業を構築していくことになります。Confluentのアジア太平洋地域での現在のお客様には、バンク・ラヤット・インドネシア、バンクBTPN、マンディリ銀行、日本では楽天カードなどが含まれます。 「動き続けるデータ(Data in motion)が次世代の企業にとって重要な能力となるため、フォーチュン500に名を連ねる企業の70%がApache Kafkaを採用していると推定されます」とConfluent アジアパシフィック&ジャパン(APAC)副社長であるDamien Wongは述べています。「勝俣のマネジメントスキル、日本市場での経験、そしてお客様やパート

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る