旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シティ・オブ・ホープとイスラエリタ・アルベルト・アインシュタイン病院がラテンアメリカにおけるがん治療の前進に向けて協定を締結

2021年04月06日04時19分 / 提供:ビジネスワイヤ

米カリフォルニア州ドゥアルテ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- がんと糖尿病の分野で世界的に有名な独立研究・治療センターであるシティ・オブ・ホープは本日、ラテンアメリカでトップに立つがんセンターであるイスラエリタ・アルベルト・アインシュタイン病院との教育協定を通じ、当センターががん分野で有する最先端の専門知識を南米に普及させると発表しました。 3年間に及ぶ本協定において、シティ・オブ・ホープはイスラエリタ・アルベルト・アインシュタイン病院の腫瘍科の研修医および臨床スタッフに対し、がん分野の専門知識を提供することが求められています。シティ・オブ・ホープは教育体験を提供し、学際的な腫瘍委員会を開設します。両機関は、がんの精密医療および研究における革新的な連携の可能性を追求します。 ロサンゼルス近くに本部を置くシティ・オブ・ホープの戦略・ビジネスベンチャー担当プレジデントであるハーラン・リバイン(M.D.)は、次のように述べています。「本協定は重要な節目となる成果をさらにまた達成するものであり、これによりシティ・オブ・ホープはがん撲滅という使命を新たな大陸にまで

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る