旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヒースロー空港が次世代の機内持ち込み荷物・保安スクリーニング装置の供給者にスミス・ディテクションを選定

2021年03月29日15時20分 / 提供:ビジネスワイヤ

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 脅威検出・セキュリティースクリーニング技術の世界的リーダー企業であるスミス・ディテクションは本日、先進的なレベルのセキュリティーと効率を実現すべく、HI-SCAN 6040 CTiXコンピューター断層撮影装置を搭載した統合型チェックポイントをヒースロー空港全体に供給する業者に選定されたと発表しました。 本CTシステムはECAC EDS CB C3認証を取得しており、ヒースロー空港が最高水準の規制要件を満たすと同時に、有力空港として旅客や職員のためのセキュリティーチェックポイントの将来構想を実現する上で役立ちます。これらの統合型チェックポイントは、iLane自動トレー返送システムと、スミス・ディテクションのチェックポイント運用管理ソリューションCheckpoint.Evoplusを搭載しています。このたびの受注には、10年間の設備サービス契約も含まれます。 スミス・ディテクションのローランド・カーター社長は、次のように述べています。「当社は、ヒースロー空港と再び密接に協力し、最高のセキュリティー成績と旅客体験をもた

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る