旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

GrAI Matter Labs、エッジのあらゆるデバイスに1ワット当たり最速のAIを提供するために1400万ドルを調達

2020年11月24日18時21分 / 提供:ビジネスワイヤ

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 脳に着想を得た超低遅延コンピューティングの先駆的企業のGrAI Matter Labs(GML)は本日、最新の1400万ドルの資金調達ラウンドについて発表しました。本ラウンドは、iBionextが主導し、既存のすべての投資家に加え、新たにBpifrance(フューチャー・インベストメント・プログラムを通じて)とセレスト・マネジメントが参加しました。当社はこの資金を活用し、当社初のGrAI®フルスタックAIシステムオンチップ・プラットフォームの設計と市場投入を加速させ、エッジにおける顧客ニーズに対応します。 GrAI Matter Labsのプログラム可能なNeuronFlow™技術により、競合ソリューションと比べて桁違いに優れた業界有数の推論遅延効率が実現します。現行のアクセラレーターチップのGrAI OneおよびGrAI One HDKを製品評価とアプリケーション・プログラミング向けに提供しています。間もなく提供するGrAI®フルスタックAIシステムオンチップ・プラットフォームは、ロボット工学、産業オートメーション

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る