旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

3Dデータを容易に共有・管理できるプラットフォームを12月より提供開始

2021年11月25日09時00分 / 提供:@Press

ICTソリューション事業を手掛けるテックファーム株式会社東京都新宿区、代表取締役社長 千原信悟)は、3Dモデルを生成し、AR(拡張現実)での利用やWebサイトでの共有、データの編集・管理を一括で行うことができる3Dプラットフォームサービスを12月より提供開始します。昨今急成長しているメタバース(仮想空間)やECサイト、MR(複合現実)デバイスでの活用などを見据え、顧客の利用形態に合わせた専用の3Dモデル利用環境を提供します。3D専用のソフトウェアは不要で、生成した3Dモデルを100個程度まで掲載の場合は月額10万円からと低コストで利用でき、アパレル産業や製造業など様々な産業で拡大する3Dモデルの活用を支援します。
消費行動のデジタル化やデバイス開発が進歩するなか、今後もメタバース領域におけるソリューションやサービスの提供を拡大します。

■ 3Dモデルの生成から共有・閲覧・管理までトータルサポート
3Dプラットフォームサービスを利用して3Dモデルを100個掲載する場合は、月額10万円から利用可能です。本サービスで生成するURLの共有や、Webサイト内での埋め込み、QRコードを作成しARアプリで表示するなど、多様な3Dモデルの共有・閲覧方法に対応します。またカスタマイズ対応により、MRデバイスに対応することもできます。3Dモデルのデータにつきましては、モデル化したい物品を当社へ送付することで生成することが可能です。(生成費用はプラットフォームサービス利用とは別途必要です)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/286779/img_286779_1.jpg

■ メタバースやECサイトなどで3Dモデルを効果的に活用
仮想空間での展示会やECサイトでの商品紹介、MRデバイスを使って遠隔地で製品を確認するなど、様々なシーンで3Dモデルを手軽に活用できます。顧客専用のデータ管理環境で管理する3Dモデルデータは自由に利用することができ、物の質感や細部の形などをより実物に近い形で伝え、閲覧状況など効果分析を行うことで表示方法の改善なども行うことができます。

テックファームグループのメタバース関連の取り組み
3Dモデルの生成から共有までトータルで提供
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/286779/img_286779_2.jpg
当社グループの株式会社ギャラクシーズ(東京都豊島区)が新たに開発した独自の装置を使用し、高精度な3Dモデルのデータ生成を実現しました。3Dデータの表示・共有ができる無料版Webサイトの利用も開始し、高いスキルやコスト、専用ソフトなどが不要で、簡単に3Dを導入できます。
(参考)2020年9月30日発表
https://www.techfirm-hd.com/pressrelease/20200930.html

VR空間が、立教大学のVirtual Classroom実証実験において活用
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/286779/img_286779_3.jpg
立教大学が開始したVirtual Classroom実証実験において、当社グループのギャラクシーズが開発した高精度3Dモデル作成・動作技術および強い実在感のあるVR空間「Hyper Reality」が活用されています。社会活動をバーチャル化することで、物理的な距離の壁を超えた交流も可能にします。
(参考)2021年6月29日発表
https://www.techfirm-hd.com/information/20210629.html

5G時代の新しいオフィスワークをコクヨと共同研究
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/286779/img_286779_4.jpg
コクヨ株式会社の働き方の実験場「THE CAMPUS」に整備された5G環境を活用し、次世代のオフィスワークに関する共同研究を行っています。
コクヨ製家具の3Dモデルを当社グループのギャラクシーズが開発した装置で生成し、MRデバイスで体験可能にしました。これまで直接現地で見なければならなかった試作品などが、遠隔かつ複数人で同時に確認できるようになります。
(参考)2021年2月12日発表
https://www.techfirm-hd.com/pressrelease/20210212.html

福井県初の5G実証環境でXRなどを活かしたビジネス創出を目指す
福井県産業情報センター内の5G実証実験&サポート環境「5G Base FUKUI」と協業することで、最先端の環境でのアプリ開発や、地場産業や自治体などのDXサポート、XR・ドローンなどの先端技術を活かした新規事業の創出を地元企業と連携して行います。
(参考)2021年11月15日発表
https://www.techfirm-hd.com/pressrelease/20211115.html

テックファームについて
1998年に創業し、NTTドコモ「iモード」のシステム開発をはじめとして、モバイルの発展と共に成長。社名の由来は、創業者がシリコンバレーで活躍する弁護士の高いプロ意識と専門知識に感銘を受け、「テクノロジーにおけるローファーム(弁護士事務所)になる」という発想から。
2015年に持ち株会社制へ移行し、テックファームホールディングスのグループ会社となる。
【企業概要】
会社名 テックファーム株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー23F
代表者 代表取締役社長 千原 信悟
設 立 2015年
資本金 100百万円(2021年10月末現在)
U R L https://www.techfirm.co.jp/

■ ギャラクシーズについて
立教大学・宇宙物理学の教授が立ち上げたAI・データサイエンスのスタートアップ。サイエンティスト・エンジニア全員が博士号を持つ物理学者の集団で、AI・データサイエンスの質に直結する「サイエンティスト」としてのキャリアの長さが、一番の強み。
2019年にテックファームホールディングスのグループ会社となる。

【企業概要】
会社名 株式会社ギャラクシーズ
所在地 東京都豊島区南池袋1-1-11 カドラービル 202
代表者 代表取締役社長 内山 泰伸
設 立 2018年
資本金 1,730万円(2021年10月末現在)
U R L https://www.galaxies.co.jp/

※ 記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る